一般整備

危険!?地面にオイル漏れの跡!すぐできる確認方法と対処法を紹介

自宅や会社などのいつも車を駐車している場所に、オイル漏れのような跡があったら不安になりますよね。

このような状態を放置していると、車の致命的な故障につながったりする可能性もあります。

早めの点検をするのがベストですが、まずは自分で確認できるところは確認しておきたい。

この記事では

  • 駐車場のシミのチェック方法
  • オイル漏れを放置するとどうなるのか

これらを書いていますので、駐車場にシミを発見した方は一度ご覧ください。

まずは地面に付いているシミの確認方法

駐車場にオイル漏れのようなシミを発見したら、まずはそのシミの原因が何かを確認したい。

オイルなのか冷却水なのか原因によって対処方法が違いますからね。

チェック方法ですが、指で触ってオイルなのか水なのかを判断してみよう。

粘土がなくサラッと水っぽい場合は、エアコンから出る水もしくは冷却水の可能性があります。

粘土がありオイルだった場合、オイルの種類がたくさんあるので解説しますね。

水だった場合のチェック方法

濡れているものが水だった場合、エアコン使用時に排出される水の可能性と冷却水であるクーラント漏れの可能性が濃厚です。

前者のエアコンの水であった場合は正常なので問題ありませんが、後者の冷却水であった場合にはそのまま放置しているとオーバーヒートになり、結果エンジン損傷につながりますので早急に修理した方が良いでしょう。

エアコンから出る水と冷却水の見分け方ですが、エアコンからでる水は無色透明、冷却水の場合は色が付いており甘い臭いがするのでそれで判断します。

エアコン使用時にエンジンを始動しエアコン作動時にポタポタと水が落ちてきたり、排出されるの水は結露から出るものなので無色透明。

一方冷却水(クーラント)の場合は緑・赤・青色など車種によって違いますが色がついています。また甘い臭いもするので判断しやすいと思います。

エアコンの水と冷却水の判断が難しい場合には、エンジンルームを開け冷却水の量をチェックしましょう。

エンジンが冷えた状態で冷却水がMAXとMINの間にあれば正常ですが、MINより減っているようであれば冷却水漏れが濃厚です。

早急に整備工場で診てもらいましょう。

冷却水漏れによるオーバーヒートに関してはこちらで詳しく解説しています

オイル漏れの場合の対策は?

駐車場のシミを触り粘土があるようだったら、オイル漏れしている可能性大です。

「オイル漏れ」といっても、車には以下のように様々なオイルが使用されています。

  • エンジンオイル
  • ミッション(AT/CVT)オイル
  • パワステオイル
  • デフオイル
  • ブレーキオイル

漏れている個所によって症状は様々。

ブレーキ周りにオイルが付いていなければ、ブレーキオイル漏れではないと判断できるので「ブレーキが効かない」という最悪の事態は避けれそうです。

チェック方法は下廻りを覗き、オイルで汚れているところを目視して判断しますが、エンジンオイル漏れなどは中々その場で判断するのは難しいでしょう。

本来は車両をリフトアップし、汚れを綺麗にしてエンジンを始動したり走行したりして漏れている個所を特定します。

あとはエンジンオイルやパワーステアリングオイル、ミッションオイルなどのオイルレベルをチェックしオイルが入っているかを確認しましょう。

実際に漏れている個所の特定や修理に関しては、プロの整備士に任せるのがいいでしょうね。

オイル漏れを放置したらどうなる?

ではオイル漏れの種類によってどんな症状が出るのかを見てみましょう。

エンジンオイルエンジンの焼付き
車両火災
ミッションオイル加速不良
異音・異臭
パワステオイルハンドルが重くなる
デフオイル走行不能
異音
ブレーキオイルブレーキが効かなくなる

ご覧のようにオイル漏れは、車両火災やブレーキが効かないなど重大な事故が起きる可能性があります。

忙しいからと車の修理は後回しにせず、早急に対処しましょう。

修理工場へ乗っていっても大丈夫?

では実際にオイル漏れや冷却水漏れをしていた場合、修理工場へ乗っていってもいいの?

って疑問に思いますよね。

軽度な場合は自走して持ち運んでも大丈夫な場合がほとんどですが、その判断がつかない場合はレッカー移動などで修理工場へ持ち込んだ方が無難です。

レッカーを頼む場合は搬入先の修理工場へ連絡を入れ、受け入れを確認してからにしましょう。

レッカーは自動車保険に付帯しているロードサービスを使えば、無料で修理工場まで車を運んでくれます。

上手に活用しましょう。

オイル漏れが軽度な場合でも、オイルがマフラーの上に落ちるような場合は最悪車両火災になりますし、冷却水漏れでは突然オーバーヒートして走行不能になる可能性もあります。

今調子よく走っているから大丈夫と過信しないようにしましょう。

オイル漏れの修理にかかる費用は?

修理工場へ持ち込んだら修理費用はいくらくらいかかるのか気になるところですよね。

しかしオイルが漏れの修理費用は漏れている原因によって修理金額が違ってきますので、おおよその金額でも出せないのが現状です。

修理工場の見積もりを待つしかありませんね。

とはいえ参考になる目安も欲しいと思いますので、よくあるオイル漏れの修理金額を例に出しますので参考にしてみてください。

エンジンオイル漏れ修理費用
フロントカバー3万円〜
ヘッドカバーパッキン1万円前後
リヤクランクオイルシール4万円〜
オイルパン3万円前後

※車種によっては修理費用は大幅に違ってきます

安く修理を済ませたい場合は、オイル漏れ止め剤を入れることも検討してもいいですね。

オススメのオイル漏れ止めの添加剤はこちらで紹介

まとめ

今回は地面にオイル跡が付いていた場合の対処法を中心にお話ししました。

オイル漏れなのか、冷却水もれなのか、もしくはエアコン作動による水なのか。実際に触って判断しましょう。

もしオイル漏れや冷却水漏れの場合は重大な事故や、エンジン損傷の可能性もあるので早急に修理しましょう。

修理代がかなり掛かりそうな場合は車の買い替えも検討してもいいかもです。

こちらの記事を参考にしてみてくだだい。

修理か買い替えか悩んだ時のチェックポイント

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です