タイヤ

    タイヤフッド(TIRE HOOD)は安い?使い方から評判まで解説

    私は車屋に勤めていますが、タイヤの仕入れはネット通販を使う場合もあるんですね。

    いつもはTIRE HOOD(タイヤフッド)以外のところを利用していたんですが、TIRE HOOD(タイヤフッド)利用してみたら使い勝手がすごくいいのと、価格も安かったのでみなさんにご紹介しますね。

    でもネット通販でタイヤを買うとなると

    • どのタイヤを選んでい良いかわからない
    • 使い方に不安がある
    • タイヤは安いけど組付け工賃が高いんじゃないの?
    • 組付けってどこでどうするの?

    なんて不安や疑問があると思いますのでこの記事で詳しく解説をしますね。

    公式サイトを見てみると非常に使いやすそうなインターフェイスです。かなりお値打ちなタイヤもあるので1度チェックしてみてください。

    タイヤフッドの使い方

    タイヤフッドを利用する流れはこんな感じです

    1. タイヤサイズ・銘柄の選択
    2. 取付店を選択
    3. 支払い
    4. 取付店に行く

    タイヤサイズ・銘柄選択

    まず購入したいタイヤサイズの把握と、タイヤの銘柄をきめなくてはいけませよね。

    ここでは例としてホンダのN-BOXのタイヤ交換をネット購入してみます。タイヤサイズは「155/65-14」というサイズになります。

    タイヤサイズの調べ方ですが実際に車に装着されているタイヤを見て判断してください。

    その理由は車のグレードによってタイヤサイズが違う、または社外品のホイールを履いている場合もタイヤサイズが違う場合があるからです。

    ネット通販でタイヤサイズ違いの誤発注は致命的なので避けたいところ。

    タイヤの現物を見てサイズを確認する方法は次の通り

    上記の場合は「205/65-15」というサイズになります。

    サイズがわかったらHPで「タイヤサイズから探す」を選択しサイズを入力。ここでは「155/65-14」にしますね。

    そして「かんたんタイヤ検索」をクリック(画像はPC画面です)

    タイヤ銘柄選択

     

    するとたくさんのタイヤが出てきます。

    TIREHOOD(タイヤフッド)では国産タイヤがメインとなっていますので品質は比較的いいものが揃っています。

    たくさんあるタイヤの中から選択したいですよね。

    タイヤ選びでは迷われると思いますが、スタンダードグレード以上の国産タイヤで価格を見て予算内に収まるものをチョイスするのがいいでしょう。表を参考にしてください。

    メーカースタンダード(ベース)グレード
    ブリジストンNEXTRY
    ダンロップエナセーブ EC204
    ヨコハマエコス ES31
    トーヨーSD7

    また片減りが気になる方や、ミニバンをお乗りの方はRV用のタイヤがオススメ

    メーカーミドルグレード
    ブリジストンエコピアNH 100RV
    ダンロップエナセーブ RV505
    ヨコハマブルーアース RV02
    トーヨートランパスML

    個人的な主観ですが海外製のもので一部タイヤのゴムが固くグリップが弱いと感じることもあるので、タイヤ選びに迷ったら国産のメーカーを選ぶのをオススメします。

    今回選んだブリジストンのネクストリーはスタンダートグレードで安価です。

    オーソドックスなタイヤですので迷われたらこのネクストリーでいいかと思います。私のお店でもこればかり使っていますよ。

    次はタイヤ4本を購入するとプレミアム保証を申し込めますのでそれに入るのかを決めます。この辺はご自身の判断でいいかと。

    プレミアム保証とは

    TIREHOODのではすべてのタイヤに6か月間の無償保証(ベーシック保証)がついていますが、プレミアム保証にお申込みいただくと、

    • 24ヶ月間保証
    • 1本パンクしても4本すべてを新品交換保証

    と、さらに手厚い保証を受けることができます。

    なかなか手厚いサービスです。

    タイヤの数量を確認し「取付店を確認」をクリック。(今回はプレミアム保証は入りません)

    取付店を選択

    取付店は最寄りのお店がいいですよね。入力した郵便番号から最寄りの取付店が表示されますので選択してください。

    TIRE HOOD(タイヤフッド)のタイヤ取付工賃はどこの取付店で作業してもらっても工賃は一律なので、行きやすいところを選びましょう。

    タイヤ取付工賃

    取付工賃を載せておきます。

    インチ料金/本(税込)4本交換の場合
    15インチ以下2200円8800円
    16インチ2530円10120円
    17インチ2860円11440円
    18インチ2860円11440円
    19インチ3850円15400円
    20インチ4400円17600円
    20インチ以上4950円19800円

     

    取付工賃には、タイヤの脱着・タイヤの組付け・エアバルブ交換・廃タイヤ処分料が含まれます。

    取付店の空き状況はカレンダーで確認できますので、都合のいい日で予約をしましょう。

    希望する日にちと時間を指定して「この日程を選ぶ」をクリック

    価格を確認して「購入手続きへ進む」をクリック

    今回の金額は合計で¥23012になりましたね。

    商品9812円
    送料4400円
    取付作業料8800円
    合計23012円

    タイヤの送料

    タイヤフッドでは送料が1本辺り¥1100かかります。送料かかるんだったら店舗のほうが安くない?と思われますが、タイヤのカッ買うが圧倒的に安いので総額からみても安い事が多いです。

    支払い

    支払いは3種類です

    • クレジットカード
    • 銀行振込
    • 後払い(コンビニ、銀行・郵便局)+324円

    お好きな支払方法をお選びください。私はいつもポイントが貯まるのでクレジットカードにしています。

    取付店に行く

    あとは指定の日時にタイヤ取付店に出向き、タイヤ交換をすればOKとなります。

    通販のまとめ

    使ってみると簡単です。ポチポチとやっていけば格安でタイヤ交換ができちゃいます。

    TIREHOOD(タイヤフッド)はメインの取り扱いが安心できる国産タイヤですし、安く購入するのならオススメです。

    さらにパンクのあんしん保証なるモノもついていますので、なにかとお得。プレミアム保証は手厚い保証ですが、無料でベーシック保証もついています。

    ディーラーや我々のような整備工場では、ここまでの金額と保証は付けれないのが正直なところです。

    タイヤフッドは安い?他店と価格を比較

    でもタイヤフッドって本当に安いの?って疑っちゃいますよね。

    今回はN-BOXの「155/65-14」というサイズでしたが、各店舗で価格を比較してみました。

    ネクストリー(155/65-14)総額
    オートバックス¥28800
    タイヤフッド¥23012
    コストコ¥31840
    整備工場¥35020

    弊社と比べるとTIREHOOD(タイヤフッド)は1万円以上は安くなっている計算です。

    タイヤフッドではタイヤを交換するまでに1週間位かかるのがデメリットですが、時間い余裕がある人にはオススメのサービスですね。

    浮いたお金で豪華なディナーに行けたり、ちょっとしたお小遣いになりますもんね。

    簡単にタイヤ注文とタイヤ交換予約が出来るので、活用して損はないですよ。

    タイヤフッドの公式サイト

    タイヤフッドのメリットとデメリット

    でもタイヤフッドを利用するデメリットないの?って気になりますよね。そこで巷の口コミも交えてメリットやデメリットを解説しますね。

    悪い口コミからわかるデメリット

    まずネットで悪い口コミをチェックすると以下の3つが出てきました。

    • タイヤの種類が多くてどの銘柄を選んでいいのかわからない
    • タイヤサイズの検索で車のグレードが分らず使えない
    • タイヤの取付店の予約が1週間後じゃないと出来ない

    ネット通販全般で言えることですが、タイヤのサイズやグレードは自分で選ぶ必要があるのがデメリットです

    タイヤのサイズを間違えてしまうと組付け出来ませんので、返品となり無駄な手間や送料がかかってしまいます。

    しかし冒頭でも説明したように、タイヤサイズの見方はタイヤサイドの数字をみるだけですので簡単です。

    またタイヤのグレード選びもこだわりがなければ、スタンダードグレードを選べばOKなので価格を見ながら決めるでいいとお思います。

    タイヤグレードの選び方は、別記事で説明していますのでよかったらご覧ください。

    タイヤの取付店の予約に関しては「1週間後でないと予約できない」とありますが、その点に関してはその通りです。

    TIRE HOOD(タイヤフッド)は、パンクしてすぐにタイヤ交換が必要な人には向いていないサービスです。

    良い口コミからわかるメリット

    もちろんいい口コミもありましたよ。

    • 取付店が近くにあったので便利だった
    • 使い方が簡単だった
    • ディーラーに提示された金額と比べると、とにかく安かった!

    タイヤフッドは全国に4000店舗と取付店の契約をしていますので、近くでタイヤ交換できるのが便利です。グーグルマップで表示されますので見やすいですしサイト自体も使いやすい。

    価格に関してですが本当に安いです。

    私もオートバックスやコストコのタイヤと価格を比較していますが、どちらもタイヤフッドのほうが安かったです。

    とりあえずあなたのタイヤサイズを入力してみて、タイヤの価格を比較してみてください。

    TIREHOOD(タイヤフッド)の公式サイトはこちら

    まとめ

    私が使って良かったと思ったのは、簡単で料金が明確で、商品代金の支払いと取付料金を同時に支払いすることができる点。

    取付店でさらに支払いがあると面倒だったりするんですね。

    あとは商品のラインナップも国産のものがメインなので、信頼性あることや取付店に配送してくれるのもイイ点。

    正直言ってタイヤのネット通販って商品は安いけどタイヤの組付けがネックだったんですよね。

    自宅に大きなタイヤだけドーンっては運ばれてきても、タイヤ屋にタイヤを運ぶだけで大変なんですよね。

    こういったデメリットをしっかり対応してきた最近のタイヤネット通販はかなり優秀です。我々車屋も価格を合わせたりと対策をしなきゃですね。

    ネットではこの値段で・・・て言われちゃいますからね。

    本当に価格は安くてびっくりなので、時間に余裕がある方でそろそろタイヤ交換をって考えている方はぜひネット通販で節約してみてください。

    TIREHOOD(タイヤフッド)の公式サイトはこちら

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です