タイヤ

タイヤをネット通販で買って取り付けできるサイトの紹介【節約】

タイヤ交換の時期なんだけど、ネットでタイヤを購入するのって実際どうなんだろう?って気になっていませんか?

ネット通販でタイヤ買うのって不安ですよね?

  • タイヤの取り付け(組み換え)ってどうするの?
  • 買ったタイヤの持ち運びってどうするの?

とかいろいろ疑問が出てきますよね。

ということで、この記事では

  1. タイヤを通販で買って取り付けまでサポートしてくれているお店を紹介
  2. タイヤ通販の使い方
  3. タイヤの選び方
  4. タイヤ通販のデメリット

などを書いていますので、タイヤのネット通販は興味あるけど使い方がいまいちわからないとか、どこで購入するのがオススメなの?なんて思っている方に見てもらいたい内容となっています。

タイヤのネット通販は、車屋で交換するより安くタイヤ交換できますので、節約したい!って方は必見です。

タイヤネット通販サイトの紹介

ここで紹介するタイヤネット通販のサイトでは、取り付けまで斡旋してくれるサイトを紹介しています。

各通販サイトで購入したタイヤは、あなたの近所の取り付け店へタイヤが配送される仕組みとなっているので、わざわざあなたがタイヤを運ばなくていい。

TIREHOOD(タイヤフッド)

国産メインの取り扱いで格安でタイヤが購入できるサイト「TIREHOOD(タイヤフッド)」です。

タイヤフッドの特徴
  • 商品と取付料の支払いが1度で出来る
  • サイトが簡単で使いやすく明瞭
  • タイヤが安い

タイヤ購入から取付までは約1週間前後となりますから、多少の時間がかかるのがデメリット。しかし国産タイヤ希望で時間に余裕がある方は、かなり安くなりますからオススメ。

\\ネットでタイヤの価格で今すぐチェック!//

TIREHOODの公式サイトはこちら

 

タイヤフッドの詳しい使い方はこちらの記事に書いています

AUTOWAY(オートウェイ)

次は「オートウェイ」です。実際私の会社でも利用させてもらっているタイヤの通販サイトです。

こちらはタイヤをネット通販で頼まない人は聞いたことのない名前かもしれないが、タイヤ通販の専門店だ。先日自分も個人的に利用させてもらったが、発送から商品到着まで1日でした。素早い対応と丁寧なメールで安心して利用できる会社だ。

輸入タイヤをメインとしていますが国産のタイヤも十分に在庫があります。かなり格安なタイヤもあるため要チェックです。

サイトの使い方や流れは次通り

商品を探す→取り付け店を選んで注文する→取り付け店でタイヤ交換

サイト内の「タイヤピットでタイヤ交換」というバナーをクリックしてもらえば最寄のタイヤ取付店を探せます。(スマホの場合はトップページ上部の大きなバナーをスライドすればタイヤピットのバナーが出てきます)

購入したタイヤは最寄りの取り付け店へ直送してくれますので、タイヤ買ったはいいけどどこで組換えしてもらおうとか、タイヤ4本どうやってタイヤ屋に持ち込もうとか心配しなくていです。

オートウェイの特徴
  • 格安輸入タイヤが豊富
  • 最寄りのタイヤ取り付け店が検索できる

ネット通販は想像を絶する価格で売られていますのでチェックしてみてくださいね。はっきり言って価格は我々車屋の仕入れ値と同じかそれより安いですw

オートウェイ公式サイトはこちら

オートウェイのの詳しい使い方はこちらの記事に書いています

Amazon

ネット通販の代名詞といっても言いアマゾンです。

例えばこんなタイヤ

ブリヂストン(BRIDGESTONE) 低燃費タイヤ NEXTRY 155/65R14 75S

このアマゾンでもタイヤを普通に購入できます。

そしてタイヤ組替セットを同時購入すれば指定のタイヤ交換店で交換をしてくれるし、Amazonで購入したタイヤを交換店へ直送してくれるので運ぶ手間がかからない。

タイヤ交換店はコールセンターが案内をしてくれる。

  • ランフラットタイヤは不可の場合あり
  • バルブ代は別途請求あり
  • タイヤ組替えセット等はインチで値段が違うので、購入時に間違えないように注意が必要

オートバックス

 オートバックスのネット通販こちらも言わずと知れたカー用品店。

実は店舗でのタイヤ交換はオートバックスが1番利用されているみたいです。

またネット通販でも全国に店舗があるので使いやすいと思う。

しかしわざわざネット通販で頼まなくてもいいのでは?と思う方もいると思うがネット通販の方が組み付けの工賃が安い場合がある。

もちろん各店舗で受け取りと取り付けという流れになるが、店舗の方が価格が安かった場合は安い方の値段となるため安心できる。

タイヤ・ホイールセット取付費用 4,320円均一

オートバックスネット通販でタイヤを買うメリット

  • 全国に店舗があるのですぐに行ける
  • カー用品店大手で安心感がある
  • オートバックスブランドがあり安いタイヤがある
  • 取付費用が安い
  • ランフラットタイヤは取付費用4320円均一対象外
  • 廃タイヤ処理及びゴムバルブ交換料金は別途料金

しかし価格の面からすると、他社ネット通販などより少し高い傾向にあります。この記事で比較しています。

楽天市場

楽天市場でもタイヤの取り付けサービスは実施しています。「楽天タイヤ取付サービス」を利用すれば最寄りの取り付け店までタイヤの直送をしてもらえます。

タイヤ取付の価格は以下の通り

タイヤのみ購入の場合
作業内容:タイヤの脱着・組み換え・バランス調整

13~16インチ1本:1,900円
(税込2,052円)
2本:3,800円
(税込4,104円)
3本:5,700円
(税込6,156円)
4本:7,600円
(税込8,208円)
17インチ1本:2,100円
(税込2,268円)
2本:4,200円
(税込4,536円)
3本:6,300円
(税込6,804円)
4本:8,400円
(税込9,072円)
18インチ1本:2,300円
(税込2,484円)
2本:4,600円
(税込4,968円)
3本:6,900円
(税込7,452円)
4本:9,200

購入から取り付けまでの流れは

  1. 楽天でタイヤを購入
  2. 楽天で取付けサービスチケットを購入
  3. 最寄りのタイヤ取付店を指定される
  4. タイヤ取付店で取付けしてもらう

このような流れですが、2つのデメリットがあります。

  • 購入方法が解りずらい
  • 最寄りの取付店は自動選択され、ユーザーが選べない

実際楽天でやってみたのですが、ちょっと使いにくいというのが個人の感想。

そして取付店は自動で選択されますので、ユーザーがお店を指定出来ないのが気になりますね。

ただ楽天ポイントを集めている方や、楽天ポイントを利用したい人は楽天での利用がベストでしょうね。

店舗があるタイヤネット通販サイト

番外編的な扱いになるが、店舗を構えていて尚且つネット通販をしているサイトもご紹介します。上記で紹介サイトでは主にタイヤの通販サイトですが、こちらはアルミホイールとセットでの購入ができるのが特徴。

  • スタッドレスタイヤを新たに購入したい
  • ホイールキャップの鉄ホイールに飽きた

などの方にはオススメのサイトです。

フジ・コーポレーション

よく新聞などの広告で見かけます。「フジ・コーポレーション」

関東を中心に店舗はありますが、全国的には数は少ないです。

安いアルミホイールのセットが購入できるのがメリットですが、タイヤのみの購入でその取り付けはフジ・コーポレーションの店舗もしくはガソリンスタンドの宇佐美での取り付けになります。

近くに店舗や宇佐美がない場合のネットショップは使い勝手が悪いかもしれません。

タイヤ通販のデメリット

オススメの通販サイトを紹介をしましたが、ネット通販でタイヤを購入するデメリットも頭に入れておいたほうがいい。

安く買って節約しよう!って思ってたのに高くついちゃったとか、こんなはずじゃなかったのに!なんてならないように最低限の勉強をしましょう。

デメリットはこの2つ

  1. タイヤサイズなど全て自己責任で選ぶ必要がある
  2. 時間がかかる

タイヤサイズなど全て自己責任で選ぶ必要がある

ネット通販なのでポチポチとするわけですが、タイヤサイズや銘柄などを自分で決めて購入しないといけません。

タイヤサイズを間違えるとホイールに取り付けることができない場合が多いですので、当然返品といった対処になると思います。

返品するのにも送料がかかり大きな出費となります。何のために安く買ったのかわかりませんよね。

とはいえタイヤサイズの見方はとても簡単ですし、タイヤ通販サイトにもその見方を詳しく解説していますので安心してOKです。

単純なサイズ違いの注文は避けてくださいね。ということです。

時間がかかる

実店舗のタイヤ屋さんにタイヤ交換しに行くと、ほとんどの場合1時間もかからずに交換がすみますよね。

一方ネット通販での購入はネット注文してからタイヤが最寄と取り付け店や自宅に届くのが最短で翌日の到着ですから、取り付けは早くても注文してから1日後となります。

また取り付け店との日時の設定などの手間もかかります。

この辺はデメリットとして理解しておく必要がある。

車検受からないから今すぐ交換しなきゃ!って人には向いないってことです。

逆を言うと時間に余裕がある人はネット通販を利用して節約できるってことですよね。


 

デメリットを2点お伝えしましたがこれを踏まえて、車のことが詳しくないあなたでもネット通販でタイヤを購入できるように説明していきますね。

タイヤの選び方

そしてネット通販で購入する必要最低限の知識、イヤの選び方を少々お話します。

タイヤのサイズチェック

タイヤのサイズからチェックしよう。

自分の車のタイヤサイズをチェックするにはタイヤのサイド(横)の数字を見ればわかります。

このタイヤは「215/60R17」というサイズです。「幅/扁平率/ホイールサイズ」という意味ですがここではその意味は割愛します「215/60R17」という数字さえわかればネット通販でタイヤを購入するには十分な情報ですので。

タイヤのメーカーや銘柄の選び方

同じサイズでもメーカーやグレードがたくさんありすぎて、一般の方では何を選んでいいかわかりませんよね?

私のお勧めは国産タイヤで安いグレードのもので十分という考え方です。

ブリジストン:ネクストリー

ダンロップ:エナセーブEC204

各サイトで人気ナンバー1なので間違いはないです。グレード的には高くもなく低くもないオーソドックスなタイヤ。

何を買っていいかわからない人はこのタイヤでOK。弊社も基本的にはこのタイヤで交換をします。

ただファミリーカーなどミニバンクラスであればタイヤの片減りをして交換時期が早まってしまうなどの影響がありますので、タイヤショルダーが強いミニバン用を選ぶといいでしょう。

ブリジストン:エコピアNH-100RV

ダンロップ:エナセーブRV505

どのメーカーもミニバン用と表記されていますので、それでOKです。

ちなみにタイヤの片減りについてはこちらの記事で詳しく書いています。

タイヤフッドで値段をチェックしてみてください

タイヤなんて付いてればいい!とにかく安く!そんな方は必然的に格安輸入タイヤとなります。

個人的には品質には若干の不安要素はあるのでオススメはしたくないのですが、「超絶格安なタイヤ希望!とにかく安く!」って方はこの選択になりますね。

銘柄っていうよりは最安値で選んでください。

現役整備士の個人的な主観ですが、多少高くても安心をお金で買っているという考え方で、できれば国産メーカーをオススメします。

タイヤの交換時期

最後にタイヤの交換時期をちょっと話してみる。

実はどこぞの店員に「タイヤ交換時期ですよ!」という営業トークを鵜呑みにしているという可能性も否定できないからです

自分で簡単にタイヤ交換時期をチェックできるポイントは2つ

  1. タイヤの溝の残量
  2. タイヤのひび割れ

タイヤの交換時期の目安といったら「スリップマーク」だろう。タイヤの溝にあるマークが出てきたら(溝と同じ高さになったら)交換のサインです。

実際にはマークが出てくる前に交換をオススメします。タイヤはセンターが減る場合もありますがショルダー(内側や外側)が減る場合もありますので、タイヤ全体を見て判断してください。

次はタイヤのサイドの亀裂やひび割れです。亀裂やひび割れの原因は主に材質の劣化です。

タイヤのひび割れや亀裂がある場合は交換時期と判断していいだろう。

上の写真のような亀裂やひび割れがある場合は危険です。走行中にバースト(破裂)する可能性もあるので要交換となります。

目安は目視でチェックとタイヤの製造年月日も参考にできます。

赤丸のところの「08」は2008年を意味します。(H29年の記事)9年前のタイヤとなりこれを聞くと交換しなきゃ!ってなるはずです。

ちなみに08の横の「26」は26週を意味するので2008年の26週の製造と言う事になります。

個人的経験ではタイヤの寿命は4~5年、4万キロ~5万キロ辺りではないだろうか。もちろん保管場所や乗り方、使用状況によって違いが出てくると思いますが参考にしてください。

でもタイヤってめっちゃ高いんですよね。なんとか安くすませたい!って人もいるかと思いましたので、今回はネットでタイヤを買って節約しましょう!っていうお話でした。

タイヤ交換の時期についてはこちらで詳しく解説していますのでご覧くださいませ。

まとめ

今回はタイヤをネットで購入できるサイトをいくつか紹介と、どのタイヤ選べばいいのか、そしてタイヤの交換時期やタイヤサイズの見方までご紹介してきました。

これであなたもネットでタイヤ購入できちゃいますね。

私も個人的な車のタイヤなんかは取引している業者から仕入れるより安いこともあるので、ネット通販はよく活用します。

ネット通販の最大のメリットは何といっても価格の安さです。タイヤサイズによっては数万円も違ってきますので大きいですよね。

うまくネット通販を利用してタイヤ交換にかかる出費を抑え、節約しちゃいましょう。

\\ネットでタイヤの価格で今すぐチェック!//

タイヤフッド

ネット通販で数万円浮いたら何を買いましょう?

私は最近タイヤ交換をしたのですが、浮いたお金でアップルウォッチ購入しましたよ。あなたも賢くタイヤ交換しましょう。

最後に「車が高く売れる」お得なサービスを紹介させてください。

みなさん車を購入するお店でそのまま下取りで車を売却していませんか?それって大幅に損をしている可能性があります。

損をしないために重要なのは相場観を身に付けること。あらかじめ査定をして自分お車の相場を知ることが、安く下取りされない予防策です。

私は「ユーカーパック」で自分の車を査定してもらいましたが、業者オークション価格より高く値段を付けてもらいました。

査定は無料なのでサクッと査定してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です