タイヤ

自分でタイヤ交換をするやり方を紹介

タイヤ交換を自分でやったことがない!

そんな人に向けて、タイヤ交換を自分でする方法について詳しく解説します。

  • スタッドレスタイヤへの交換
  • パンク時のスペアタイヤ交換

こんな時手自分でタイヤ交換できればいいですよね。

整備工場やガソリンスタンドにタイヤ交換をお願いすると工賃が発生しますし、そもそもタイヤ4本を持ち込むのが大変。

パンク時はロードサービスがいつ来るかわからない!なんてときありますよね。

そんな時は自分でタイヤ交換をすれば問題解決です。今回は現役整備士の私がタイヤ交換の方法をわかりやすく説明しますのでご覧ください。

緊急時にタイヤ交換が出来るように車載工具での交換方法をメインに紹介、そしてあったら便利な工具なども紹介していきますね。

安全な場所で作業する


まず

タイヤ交換は安全な場所で作業をしましょう。

  • 交通量が多い
  • 坂道
  • 砂地など柔らかい地面

上記のような場所はジャッキが倒れたりなどの危険がありますので避けましょう。

平坦な場所でコンクリートやアスファルトのような硬いところが理想です。

パンクやバースト時でも坂道や悪路でのタイヤ交換は危険ですので、出来る限り安全で平坦な場所に移動しましょう。

またAT車ではPレンジに入れ、MT車ではローギアに入れ、パーキングブレーキをかけて車が動かないようにしておきましょう。

必要なもの

タイヤ交換に必要な工具は、「ジャッキ」と「レンチ」があれば十分に作業は出来ます。

ほとんどの車に搭載されていますので緊急時でも対応できるでしょう。

工具の位置は取扱説明書に記載されています。

またスタッドレスタイヤに交換する場合は、そのホイールにあったホイールナットを用意する必要があります。

  • ホンダ→球面
  • トヨタ→ストレート

など純正ホイールのみでしか使えない場合がありますので注意が必要。

スペアタイヤに交換する場合は、車に付いているホイールナットがそのまま使えます。

またロックナットと呼ばれる盗難防止用のナットが装着されている場合は、ロックナットを取り外す専用の工具が必要です。

 

タイヤ交換に必要な工具
  • レンチ
  • ジャッキ

タイヤ交換手順

ホイールキャップの取外し

ホイールキャップが付いてる車両は取り外しましょう。

マイナスドライバーなどでこじれば取り外せます。

ホイールナットを緩める

まずジャッキアップする前にホイールナットを緩めます。緩めておかないとジャッキアップ後にはホイールが回転してホイールナットを緩めることが出来ないからです。

ホイールナットにレンチを入れ反時計回りに回して緩めます。(一部商用車では逆ねじになっている車両もあります)

下に向かって押す方向でも、上に向かって持ち上げる方向でもOKです。

やりやすい方で良いのですが、コツとしては瞬時に力を入れる方が緩みやすいです。レンチが外れてナットを傷めないようにすることが注意点です。

さらに十字レンチやスピンナーハンドルがあれば車載工具のレンチよりホイールナットを緩めやすい。

十字レンチは4種類のナットサイズに対応している。

スピンナーハンドルは車載工具のレンチよりも柄が長く、力が入りやすい。別途ホイールナットサイズにあったソケットが必要になる。

タイヤ交換の注意点として緩めたホイールナットを取り外さないようにします。まだタイヤが地面と設置しており車重がタイヤに掛かっているためです。

またナットの締め付けが固い場合もありますが、緊急時を除いて写真のようなレンチを足で踏む行為はやめましょう。

レンチが外れてホイールナットのを痛めてしまい、形が変形し取り外せなくなる可能性があるためです。

ジャッキアップ

ホイールナットが緩んだらジャッキアップします。

ジャッキが安定する場所で作業をしてください。

車載のジャッキのほとんどは写真のような「パンダジャッキ」です。パンダジャッキの丸い穴の部分を回せば上下します。

手で簡単に回りますんので赤丸のジャッキポイントまで当てます。ジャッキポイントは車種ごとに場所が違いますので取扱説明書を参照してください。

クルクルと回す棒をパンダジャッキにセットします。

クルクル棒にレンチをセット

この状態からパンダジャッキを回しジャッキアップしていきます。

タイヤが浮いたらOKです。

ジャッキには車載工具のパンダジャッキの他に、油圧ジャッキがあります。小型から大型までありますが、あれば楽にジャッキアップできます。

ホイールナットの取り外し

ホイールナットが緩み、ジャッキアップしたらホイールナットを取り外します。

写真のように両足でタイヤを抑え、固定しておくとホイールナットを外しやすい。外したホイールナットの中に砂などを噛まないように保管しておこう。

次にタイヤを取り外しますが、外したホイールは写真のように車体の下に入れておこう。何らかの理由でジャッキが倒れて作業者が怪我をしない処置です。

ホイールナットの取り付け

スペアタイヤやスタッドレスタイヤなど履かせたいホイールをハブボルトに合わせて取り付けます。

ホイール取り付け時はハブボルトを痛めないようにしましょう。

ホイールナットの取り付け時は取り外しと同じように、両足でタイヤを抑えハブに対して真っ直ぐにします。

この状態でナットを1つ手で奥まで締め込みます。こうすることでホイールが真っ直ぐになり足で抑える必要がなくなります。

ホイールナットはゴミの噛み込みや斜めに入れたまま工具で締め込むと、ハブボルトを痛め交換が必要になっていましいます。

いわゆるネジ山がダメになる「かじる」と言うやつです。

かじってしまったら、ナットの交換もしくはハブボルトの交換が必要になってしまいます。

ゴミの噛み込み、ナットが斜めになっていないかの確認をするために、手で奥までナットを締めこむことを必ずしましょう。

すべてのナットを手で奥まで締めてください。

ホイールナットの締め付け

ホイールナットの締め付けは、まずジャッキアップしたままの状態でレンチを使い軽く締め付けます。(仮締め)

手でナットを付けたままではホイールはハブに対して真っ直ぐ取り付けられていないからです。

軽くでいいのでレンチで仮締めしてハブに密着させます。

締める順番は対角線に締めていきます。5穴ホイールの場合は写真を参考。

1つのナットだけを締めすぎるとホイールがずれて付く場合があるので、少しづつ均等な力で締めていきましょう。

仮締めが終わったら、ジャッキを下ろしタイヤを地面に接地させ本締めをします。

本締めも対角線の順番で締めていきます。締める力ですが、

「グッと力を入れて締める程度です」

と言われてもわからないと思います。

本来はトルクレンチという工具を使用して規定のトルク(締める力)で締め付ける必要があります。

しかしパンク時や緊急時にはトルクレンチがないので、規定トルクで締めることは困難です。

なのでトルクレンチがない場合はホイールが緩まないようにしっかり締め、後日整備工場で規定トルクで締めてもらいましょう。

トルクレンチを持っている場合は車種ごとの規定トルクで締め付けます。以下は参考値。

軽自動車や小型車では108N·mというトルクが多い。(車種によって違いますのでマニュアル参照して下さい)

写真は私がいつも締めている110N·m。

これでタイヤ交換は終わりなので、同じ作業を3本やってください。

タイヤ交換にあれば便利なもの

これまで車載工具でタイヤ交換をする方法をご紹介してきましたが、あったら助かるタイヤ交換に持っておきたい工具を紹介しよう。

あればより安全で効率よく作業ができます。

トルクレンチは必須工具なので、自宅で作業する場合は必ず準備しておこう。

まとめ

最後に注意点や手順をまとめますね。

手順まとめ
  1. 安全な場所で作業する
  2. 必要な工具をそろえる
  3. まずホイールナットを緩める
  4. ジャッキアップする
  5. 履かせたいホイールと入れ替える
  6. ジャッキアップ状態で仮締めする
  7. 車体を降ろし本締めする
注意点まとめ
  • ホイールナットは適合しているかチェック
  • ホールナットの中に砂など入れないように保管
  • 安全のため外したホイールを車体の下側へ入れる
  • ナットの取り付けは手で奥まで締める
  • 締め付け順を守る
  • 規定トルクで締め付ける

自宅などでタイヤ交換作業ができると便利ですよね。チャレンジできる方はやってみてください。

最後に宣伝ですが、タイヤを安く交換したい方はこちらの記事でご紹介していますので合わせてお読みください。

タイヤ交換で安く買えるのはどこ?おすすめのお店を紹介車のタイヤって高額ですよね。ミニバンクラスだと10万円をこえることも普通。 なので「出来れば安くタイヤ交換を済ませたい!」って思っ...
最後に「車が高く売れる」お得なサービスを紹介

最後に「車が高く売れる」お得なサービスを紹介させてください。

みなさん車を購入するお店でそのまま下取りで車を売却していませんか?それって大幅に損をしている可能性があります。

損をしないために重要なのは相場観を身に付けること。あらかじめ査定をして自分お車の相場を知ることが、安く下取りされない予防策です。

私は「ユーカーパック」で自分の車を査定してもらいましたが、業者オークション価格より高く値段を付けてもらいました。

査定は無料なのでサクッと査定してみてください。

 

また副業に興味はありませんか?ブログで稼ぐ方法をメルマガにて無料で公開しています。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です