ホンダ

ホンダNBOX、エンジンオイルメンテナンス表示灯(スパナマーク)の消し方

オレンジのスパナマークの意味

オイルインジゲータランプ

正式名称は「エンジンオイルメンテナンス表示灯」です。

これはリセットをしてから4500キロ以上の走行で表示灯の点滅のち消灯
5000キロ以上の走行で点灯後消灯しないようになっています。

ターボ車のメーカー推奨のエンジンオイルの交換時期は5000キロもしくは6か月ごとの交換(どちらか早い方)となっていますので、早めの交換を促す目的の表示灯ですね。

エンジンオイルメンテナンス表示灯の消し方

スパナのマークの消し方は簡単で、取扱説明書で確認できます。

やっていきましょう。

以下ホンダNBOXの取扱い説明書からの抜粋です。

  1. 車を安全な場所に停車する
  2. ライトスイッチをOFFにする。
  3. SEL/RESETを押したまま、パワーモードをONモードにする。
  4. そのままSEL/RESETを、エンジンオイルメンテナンス表示灯が点滅に切り替わるまでしばらく押し続ける。
    ⇒同時にインフォメーションディスプレイの表示がエンジンオイルの交換時期までの距離表示に切り替わり、点滅します。
  5. エンジンオイルメンテナンス表示灯と走行距離表示が点滅を始めたらSEL/RESETから手を離す。
  6. エンジンオイルメンテナンスひょじ等が消灯するまで、再度SEL/RESETを押し続ける。
    ⇒走行距離表示が5000になります。
  7. SEL/RESETから手を離す。

⇒インフォメーションディスプレイが通常表示に戻ります。

活字にするとややこしく見えますが一度やってみると簡単です。感覚でできるようになります。

以下の車種にも同様のやり方が当てはまりますので加えておきます。

HM1 バモス
JF1 N-BOX
JG1 N-ONE
JH1 N-WGN
JW5 S660

その他N-BOXには様々なトラブルがあり記事にしていますので参考にしてください。

アイドリングストップランプが点滅したりしますのでその対処方法

N-BOX アイドリングストップランプ(オレンジ色)点灯 バッテリー交換の注意点この記事ではN-BOXのアイドリングストップシステムの警告灯の消し方、バッテリー交換後の初期化手順を書いています。 アイドリングス...

アイドリングストップしなくなったときの対処方法

N-BOXのアイドリングストップがしない!対処方法車両情報 DBA-JF1 ホンダ N-BOX H24年式 6万キロ 症状はアイドリングストップが最近しな...

高速走行時の異音の対策

N-BOXガラス異音修理
N-BOX高速走行時ピーっと鳴く異音N-BOXの高速走行時のガラス付近のピーっと鳴く異音。同じような症状の方は必見です。...

この記事が参考になった方はSNS等でシェアしてくれるとうれしいです。

また下部にコメント欄がありますのでお気軽にご活用ください。

まだ下取りに出してるの?

私が「ユーカーパック」という無料査定に実際に査定に出しましたら、業者オークションと同じレベルの査定額でした。独自のオークションなので仲介業者が存在せず、余計なマージンを取られないのが高く売れる秘密です。

私の場合下取り額と比べると30万円以上高く売れる計算でした。本気で車を高く売りたい方はユーカーパックのオークションをオススメします。

査定は無料でサクッと出来ます
 

詳細ページ公式ページ

 

まだ高い車検に出してるの?

毎回出している車検も部品をポンポン交換するような高い車検ではありませんか?楽天車検なら3万円の節約が出来ますよ。



価格を比較して格安車検で節約しよう

詳細ページ公式ページ

 

まだ高いお金支払ってタイヤ交換してるの?

今はタイヤもネットで購入して安く組み付けてもらう時代ですよ。最寄りのタイヤ屋さんへ配送してくれるので自分で持込む必要なし。組み付けの予約もネットでポチポチするだけです。



タイヤはネットで購入して節約しよう

詳細ページ公式ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です