車購入でカモにならないよう車買取の活用法を現役の車屋が指南する

ここでは車屋歴20年の私が、「車購入でカモにされない」というか、あなたが乗っている車を適正な価格で売却出来る方法について解説しますね。

私も個人的に乗っている車は高く売りたいし、安く車を購入したい!っていうのはみなさんと一緒です。

車の買取店や、業者オークション出品の活用などあらゆる経験をしていますので、その経験をもとに皆さんに賢い車の買い方をお伝えしますね。

ところでみなさん車の買い替えってどうしていますか?

  1. 欲しい車がある
  2. 見に行く
  3. 見積り取る
  4. 交渉する
  5. 契約

新車、中古車問わずこんな感じでしょうかね?

車の買い替えってやっぱり「次の車何にしようか」とか考えるのが楽しいですからね。まず車を観に行ったりするところから始まるのではないでしょうか?

ファミリーカーにしたいのであれば、

「室内の広さを確認したい」とか、「ステップワゴンとヴォクシーを見比べたい!」なんてこともありますから当然です。

そして

車を観に行ってそこそこお気に入りの車が出来ちゃって、運転席に座っちゃうと急に欲しくなっちゃったりしてね。

でもこんな感じでこのまま流れに任せて見積りとかして車を購入すると、カモられる確率高いですよ。

それはなぜか?

それは単純にあなたが、車を購入する準備が出来ていないからですね。

準備とは何か?

さらに深掘りしますと、自分の車の相場を知らないってことですね。

 

下取りの提示される金額に

「10年乗ったし10万キロだしこんなものか」

と自分で納得しちゃったりね。

自分の車の相場(価値)を知らないと、こんなケースになります。

ではどうすれば一般の人がカモられないで、車を高く売れるのか先に結論を言います。

それは

  1. まず自分の車の相場を知る
  2. 愛車は下取りではなくオークションに出品すること

と考えます。

この答えには「?」の方もいるでしょうね。

  • どうやって相場を知るの?
  • どうやってオークションに出せるの?

 

「下取りは安いので買取店に行きましょう」とか「一括査定で競合したほうが高く売れますよ」

みたいなのが今までの「車を高く売る方法」の常識でしたからね。

私はそこではなくオークションへの出品をおすすめします。(詳しくは後述します)

それでは具体的なところを説明する前に、下取りや買い取り店に売るのがなぜカモなのかってことろから解説していきますね。

まずここを理解すれば、あなたが愛車を安く売ってしまうこともなくなると思います。

下取りのメリットとデメリットは?

車屋の私が言うのもアレなのですが、残念ながら下取りって1番安く車を売る方法だと個人的には思っています。

しかし

「下取り=悪」

ではないですよ。

さらに車屋が利益を優先することは当たり前なので、その辺も理解しておく必要があると言う事は大前提としてほしい。

それでは一般ユーザー目線での下取りのデメリットとメリットを解説します。

メリット

下取りのメリットと言えばやはり1つの販売店で、車の購入と今まで乗っていた車の売却(処分)が出来るところですね。

営業マンの言うとおりに書類を用意したりすれば、ユーザー側が動くことはほとんどないのでかなり楽です。

納車時に車を入れ替えるだけでなので楽ですよね。

自動車保険も同じお店で加入すれば車の乗り換えの保険入れ替えもスムーズですし、車の購入に関する工程が少なく済むのは想像できるでしょう。

下取りのデメリット

では、一方下取りに出すデメリットは?と言うと

下取りは安く買い取られる傾向にある

これに尽きると思います。

必ずとは言いませんがその傾向にあると言う事です。

例えば特定のディーラーで数十年10台くらい同じメーカーの車を買い続けるお客様であれば、その下取り額も車の相場以上の特別な下取りをすることはあるかもしれません。

ですがこれはマイノリティなケースで、多くはその車の持つ相場価格よりも安く下取りされることがほとんどです。

なぜ下取りは安い金額提示なのか?

ではなぜ下取りってこんなに安いのか?ご説明します。

理由は次の2つあります。

  • オークション相場をみて利益確定するため
  • 新車販売などは利幅が制限される

オークション相場をみて利益確定するため

あなたが乗っていた車は、下取りされた後どうするか知っていますか?

程度が良く人気車種ですぐに売れる状態であれば、そのまま店頭販売するケースもあります。数日後、下取り価格に50万円とか上乗せされて店頭販売されているアレです。

でもこれは結構稀なケースで、ほとんどの車は業者オークションにかけられ売却されます。

資金的に体力の無い車屋は、余分な在庫を抱えるより早く現金化して資金繰りの当てなきゃいけませんからね。

そしてこの業者オークションの説明を簡単にしておきます。

オークションは競りなので

100万円で下取りした車が、業者オークションで80万円でしか値段が付かなかったら当たり前ですが、赤字です。

ということで車を販売する営業マンは、赤字にならないように下取り額を設定しなくてはなりません。

さらにオークション相場は数万円であれば誤差、数十万円上下することもあるので、それを見越して下取り額を提示ということになります。

さらに新車などで値引きを目いっぱいしてしますと利益が減りますので、この下取りで調整をかけるわけです。

要するに利益をしっかり乗せるということですね。

と言う事でどんどん下取り額が下がります。

大げさに言うと

「相場100万円前後の車の下取り額は50万円」

みたいな。

ある程度利益確出来そうだから値引きをガッツリしてあげて今日は契約させるぞ!

ってな感じです。

でもユーザーの立場から言うと、100万円の価値のある車を50万円で下取りされるってことですね。

業者オークションで120万円の値が付く可能性だってあるわけだし、そうなったら車屋は爆益です。

でもこれって一度下取りされてしまえば一般ユーザーは知りえないお金の流れなので、車屋だけが儲かるという風になっています。

あとで「あの車高く売れたから還元するよ!」

なんて聞いたことないですもんね。

新車販売などは利幅が制限される

もう一つの理由として、車両販売では利益が薄い場合があると言う事です。なので利益がしっかりとれる下取りで利益確保をしておくと言う事ですね。

(当然モータースやディーラーなど販売形態が変わると全く状況が違いますけど)

車の販売時は利益を出せるポイントってそこそこあるんですよ。

具体的には

  • 車両販売
  • 諸経費
  • 下取り

中古車販売の場合は、それぞれのお店で販売価格を決めれますが、新車販売の場合はそうもいきません。

私のお店(モータース)で例を出しますが、国内メーカーの新車を売って車両販売の利益が2万円、外車に至っては業販なしなんてことも普通にあります。

800万円の外車を売っても利益なしとかマジであります。

大げさではなく事実です。

これはメーカーによって違うんですね。

年間販売台数が多いメーカーであればマージンは大きいですが、そうでない場合は上記のような金額です。

これじゃー

車屋は車売ってご飯食べれないですよね?

なので我々モータースは

  • 新古車、中古車を勧める
  • マージンの高いメーカーを勧める
  • 下取りで儲ける

などの対策をして何とか利益を追求するわけです。と言う流れなので下取り価格は安くなっていきますよね。

下取りはなぜ安い?のまとめ

下取りつにてダラダラと書いてしまいましたので簡単にまとめると

下取りは利益確保のために安く提示されがち

こういう事です。

そして私が言いたいことはただ1つでした。

業者(車屋)を挟むことによって、車本来の価値で売却することが出来ない。

と言う事なんですね。

ではどうすれば愛車を高く売れるのかと、安く車を購入するのかを考えてみますが、その前に補足として「下取りを高くしてもらう事もある」と言う事に簡単に触れてみます。

下取りを高くしてもらえる場合もある

先ほどは「下取り=安い」といてきましたが、必ずしもそういったケースだけではないことを知っておいてほしい。

それは先ほど言った車屋の利益ポイントである以下の3つ

  • 車両販売
  • 諸経費
  • 下取り

この中の「車両販売」や「諸経費」で利益を確保できる車屋は、下取り額を高くするケースもあるでしょう。

ディーラーでは新車200万円の車の仕入れは150万円ほどと言われています。値引きをあまりしない場合ですとそれなりの利益確保できますよね。

また外車の中古車を扱っているところは、ガッツリ車両販売価格に利益が乗っかっていますし、車両本体価格を安くして、下取り額を高くしたりしてから謎の諸経費で利益を出している大手もあります。

要するに車屋はどこかのポイントで利益さえ確保してしまえば、車両販売価格も下取り額もいくらでもいいんですよ。

ビジネスですから、「いかに安く仕入れて高く売るか」しか考えていませんよ。下取りと車両販売でダブルパンチで儲かるくらいにしか思っていません。

と言う事は、一般ユーザーにとっての上手な車の購入方法は

  • 「値引き額」
  • 「下取り額」
  • 「諸経費」

をトータル的に「適正な価格なのか?」を判断する必要があるわけです。

では下取りではなく買取の専門店に売るか!その方が高く売れるはず!と考えますよね?そうとも言い切れないですよ。

車買取店は高く売れるでしょ?

近年買取店って増えましたよね?

私の住んでいる地域ではかなりの数の買取店がありますし、大手のビッグモーターやガリバーは数店舗あります。

ってことは車の買取って儲かるってことなんですよ。

あなたの近所の車買取を見てみてください。

  • デカくないですか?
  • 立地良くないですか?
  • 在庫たくさん置いてないですか?
  • 従業員たくさんいないですか?

経費がめちゃめちゃ掛かりそうな立地や建物でしょ?

あれは儲かっている証拠ですよ。

「買取した車は店頭販売できるから、他より高く買取が出来ますよ!」

と謳い文句としている大手買取店もありますが、実際のところは買い取った車のほとんどを業者オークションへ出品し、差額で利益を出しています。

車買取店も結局のところ、安く仕入れて高く売るのビジネスの原則ですから、あなたの車は安く買い取られています。

担当者はいかに他の業者にお客を渡さずに、いかに安く買い取れるかしか考えていません。

もちろんタイミングや車の程度によっては車両販売する場合もありますが、その場合買う側のユーザーが安く車を購入できるのではなく、しっかり利益を出しダブルパンチで買取業者が儲けています。

下取りよりは高く買ってもらう可能性は高いとは思いますが、車本来の価値とは程遠いと思います。

では皆さんはこう思うのではないのでしょうか?

一括査定で車買取店を競合させて価格を吊り上げたりすれば、結果高く買ってもらえない?

実は私のブログ内でもこのようなことを勧めています。競合すれば多少の金額アップが期待できるのも確かですからね。

そして複数の相見積(査定)を受けることによって、相場観が無い素人が一方的に安く買いたたかれることが無くなるといったメリットもありますよね。

しかし繰り返しになりますが、車買取店も基本的に買い取った車を売却した差額で利益を得ていることには変わりがないので、圧倒的に高く売れる可能性は低いんですよね。

ただ例外として一括査定で劇的に高く買い取ってもらう可能性があるとしたらそれは、専門店での買取です。

  • スポーツカー専門店
  • 四駆専門店
  • ミニ専門店
  • ジムニー専門店

などなど専門店であれば通常の買取高く買い取ってもらう可能性は高くなると思います。

買い取った車を専門店で店頭販売出来ますので、比較的高価買取が実現できるわけです。

ではようやく本題ですが、一般ユーザーが車の価値と同等で売却するにはどうしたらいいのかと言いますと、冒頭でも言ったようにオークションの出品です。

オークションの買取店で高く売る

この私の指すオークションは

ヤフーオークションのような個人で出品するものでもなく、業者オークションのようなものでもありません。

個人売買のヤフーオークションはそれなりに高く売却できるかもしれませんが、車の不具合や書類関係でトラブルになる可能性も高いですからオススメはしません。

また業者オークションはそもそも個人レベルでは参加できないですし、代行業者もいますが手数料が高いのでさほどメリットはないかと。

現役の車屋がオススメするオークション買取

そこで私がオススメしたいのは、オークション形式の車買取です。

このユーカーパックは無料査定をしてオークションに出品するタイプの買取店なので、一般の買取店とは違います。

ユーカーパックではオークションの場を提供する立場なので、一般ユーザーから買い取りをしません。

全国の車屋が仕入れのためにユーカーパックのオークションに参加していますので、その車屋さんが落札をして買取ます。

ユーカーパックの特徴

車屋が本気でオススメするオークションの買取のメリットを簡単にご紹介しますね。

何と言っても高く売れるのがユーカーパックです。

と言うとかなり胡散臭くなるけど、

  • 何を持って
  • 何と比較して

高く売れるよ!って言っているのかと言いますと

私は業者オークションの相場を知れる立場なのでその価格と比較できます。

さらに私は過去に同じ車を10社以上の車査定に出した経験があり、そのデータを元に言っております。

私が過去に10社以上の車査定に出した結果

この経験ではオークション形式のユーカーパックは堂々の1位で、約60万円の価値の車に対し、安いところの差は最大で20万円弱でした。

こんな感じでした。

ユーカーパック58万円
○ッグモーター50万円(不確定)
○リバー40万円
業者オークション40万円~60万円(相場)

これを見ると業者オークション並に売れることがわかると思います。

ココがユーカーパックの強みです。

さらに気になるのが手数料だったりしますよね。

ちなみに業者オークションであれば

  1. 出品料(売り手)
  2. 成約料(売り手)
  3. 落札手数料(買い手)

各1万円弱くらいはかかります。これはオークション開催をしているオークション運営会社の利益なんですね。

さらに車をオークション会場へ運ぶのに「陸送料」など別途かかりますよね。

一方ユーカーパックでは

  1. 査定
  2. 出品
  3. 売却

この全ての工程をしても一般ユーザーは無料なんですよね。オークションもインターネット上で開催されますので陸送料も掛かりません。(落札後の車の引取りも無料)

なぜこのように違いが出てくるのかと言いますと、巨大なオークション会場を用意しなくてもいいのでオークション運営にかかる経費が圧倒的に安いと言うことですね。

それがユーザー側の買取価格にダイレクトに反映しているわけです。

※補足しますが、先程説明した「下取り」はこれらの買取店の価格より更に低くなることが予想されます。

オークション買取店のまとめ

オークション買取店のユーカーパックは

  • 下取りや買取店よりも圧倒的に高く売れる可能性が高い
  • 査定から売却まで全て無料

と言いましたがこの他にもたくさんのメリットがあります。

そしてユーカーパックについては

  • トラブルはないの?
  • 必ず売らなければいけないの?
  • 無理な営業ないの?
  • どんな流れなの?

なんていろいろ疑問や不安があると思いますが、その辺は私自身が体験した記事に詳しく書いていますので、そちらを参考にしてください。

ユーカーパックを体験した記事

今すぐ査定依頼してみたいという方はこちらからどうぞ

ユーカーパック公式HP

「今すぐ売る予定無いからいいや」と言う方も実は無料査定を受けるメリットは有るんですよ。

ユーカーパックの査定は相場を知れる

この記事で冒頭

「自分の車の相場を知らないからカモられるんだ」と言ったのを覚えていますか?ここでいう相場とは業者オークションの相場で、これはあなたの車の本来の価値なんです。

ただ当たり前ですけどこれは車業界に携わる人しか知りえない情報です。例えばディーラーの営業マンに「私の車の業者オークションの相場を教えてください」と言っても答える人いませんよね?

「マジシャンに種を教えてください」と言っていくくらい愚問です。

となるとあなた自身で調べなきゃいけないのですが、先ほどから紹介している買取店のユーカーパックの無料査定であなたの車の相場を教えてくれます。

先ほども言いましたが、ユーカーパックのオークションでは業者オークションと同等の取引相場となっていますので、ユーカーパックで査定を受ければあなたの車の相場がわかります。

流れは

  1. ユーカーパックへ査定を依頼
  2. 査定実施
  3. 相場を照会
  4. オークションへの出品の時期相談

このようになります。

このユーカーパックでの相場をあらかじめ聞いておくことで

  • 下取り額の提示が安いか高いか判断できる
  • 予算的に車の買い替えの参考になる

などのメリットがありますよね。

車売るのはまだ先だから査定なんていいや。

って方は

いざ車の買い替えになった時に準備不足でカモられるかもしれませんし、相場チェックする間もないくらい時間に追われたりして結局カモられるかもしれませんよ笑

とまでは言いませんが、車の買い替えを検討したらまずこのユーカーパックの査定をやってみてからいろいろ動いてくださいね。

ユーカーパックはこちらからどうぞ

ユーカーパック公式HP

まとめ

今回は現役の車屋が車を購入する時に損をしないように、全力でお得情報を教えましたがお役に立てたでしょうか?

このような感じで、車の買取や車検などのお得な情報発信をしています。

査定額公開!ユーカーパックのデメリットと評判を紹介【体験談】ユーカーパックの評判が気になる方へ、査定を体験した私がレビューしています。デメリットもありますので気になる方はご覧ください。業者オークションや買取店との価格差についても車屋の私が言及しています。...
リアル車買取ランキング!体験したお店の査定額・評判を比較しておすすめの店を教えますどうも整備士ノートのナルイチです。 車の乗り換えを考えた時、 「どこの車買取店に売れば、自分が大切に乗ってきた車を高く買い取...