車買取

    車査定で減額されるトラブルはある?その対処法も紹介

    車を高く売却したい!と考えたと、まっさきに思い浮かぶのが車の買い取り業者ですよね。ここ最近では「ディーラーへの下取りは安い」と認知されてきましたからね。

    だけど、車査定って利用したことないから

    • あとから減額されちゃうんじゃないの?
    • トラブルとかないの?
    • 強引な営業とかないの?

    など心配になる方もいるかと思います。

    そこで今回は、車査定のトラブルに付いて詳しく解説していきます。

    • 車査定で減額されるのか知りたい
    • 車査定のトラブルを防止したい
    • 車を高く売りたい

    こんな方に読んでもらいたい記事となっています。

    車査定で減額されるトラブルはある?

    結論から言いますと車の買い取り査定では減額や契約解除などのトラブルはあります。

    実際にトラブル似合った事例を見てみましょう。

    22名無しさん@見た瞬間に即決した2016/07/13(水) 03:33:32.51ID:ilUnRB1X
    大手の○○バー、カー○○でも客を見て平気な顔して減額する。○○バーのクレームガードってやつは全く意味が無い。減額できないなら車返しますって言い始める始末だよ。納得いかないからお客様センターに電話してクレーム入れたら何も言ってこなくなった。

    引用元:一括査定ってどうなんですか [無断転載禁止]©2ch.net

    先日、車の買い取りでビッグモーターと言う会社が査定に来て、
    『1週間後に引き取り出来るなら○十万円で引き取ります』と言われ、次の車も探し、 契約書に捺印し後は振込みを待つだけで昨日車を持って行きました。
    所が今日になって、
    『修復の所で査定額が下がる可能性がある』と電話が掛かって来ました。
    こうゆう場合、どうにもならないんでしょうか?
    他の会社でもあるんでしょうか? 納得が行きません。頼んだ次の車は、契約を一旦、止めて貰いました。

    引用元:YAHOO知恵袋

    このようにネットでちょろっと調べただけでそこそこの事例が出てきました。主に減額になるのは

    修復歴が見つかったので減額したい

    この他にも車の買い取り業者が減額を申し出る理由としましては主に次のようなものがあります。

    • 修復歴があった(事故車だった)
    • 水没車だった
    • メーター改ざん車だった

    このような理由がほとんどです。

    では減額を要求された場合は、それに応じなければならないのでしょうか?

    業者からの減額には応じないといけないのか?

    業者から減額要求があった場合は、応じなければならないのでしょうか?気になりますよね?

    答えは「減額に応じなければならないケースと、そうではないケースがある」です。

    査定のミス

    査定をして買取価格を決めるのは車買取業者です。その価格を後になって「減額してね」なんて都合のいいことは受け入れるんでしょうか?

    これは査定時に発見できるもの、すなわち車査定業者が見落としていた場合は、減額に応じなくていい可能性が高いです。

    査定時にもあったキズや凹みなどを理由に減額などの要求はできないってことですね。当然ですが査定時にあった傷や凹みを指摘されてもそれは単純に業者の見落としです。

    業者側に責任がありますので減額に応じる必要はありません。

    売り手側の瑕疵がある場合

    逆に減額に応じなければならないケースは、売り手側に落ち度がある場合です。

    売り手側には瑕疵担保責任と言う責任があります。わかりやすく言いますと、車の欠陥を知っていながらそれを告知せずに売却した場合で、売り手側に過失があればその責任を負う事になるということです。

    1. 事故をした事があるが告知しなかった
    2. 水没したが告知しなかった
    3. 走行時に異音がしているが告知しなかった

    このような場合は明らかに売り手側に責任がありますので、減額もしくは契約解除の要求に答えなければならない可能性が高いです。

    特に一般的には車査定では走行チェックやリフトアップしてまでの車両チェックはしません。なので車を買い取った後に走行チェックをしてみると、「いちじるしく酷い異音がする」や「明らかな水没跡がある」などと言った場合は減額もしくは契約解除はあり得ると思います。

    これを「隠れた瑕疵」と言いますが、一般的な査定では発見できないような欠陥のことを指します。売り手が知らなかった場合もしかりです。

    瑕疵担保責任は瑕疵を発見してから1年以内であれば損害賠償請求される可能性があります。

    車査定のトラブルの対処法は?

    では減額などのトラブル似合わないためにはどうしたらいいでしょうか?具体的な対処方法をまとめますね。

    契約書をしっかり確認する

    車の売却時にはかならず契約書にサインもしくは捺印すると思います。

    その中には売却に関して細かい内容が書かれていますが、商談時にすべてをチェックすることはなかなかできないのが現状です。「ではここにサインしてくださいね」って営業さんに言われて流れでサインするみたいな感じだと思います。

    なので疑問に思ったことは口頭でいいのでしっかり確認しましょう。

    売却の金額

    納得いく金額であるのか今一度確認。

    支払い日

    契約後どのくらいの期間でどんな方法で支払われるのかの確認

    車の引き渡し

    車の引き渡し方法やその際の料金、引き渡しの日時な共どしっかり確認してください。

    名義変更

    名義変更の費用や名義変更後の確認はできるかどうか。

    瑕疵担保責任の期間

    瑕疵担保の期間はどのくらいあるのかの確認。

    契約後のキャンセル

    契約後のキャンセルの確認。その際のキャンセル料(遺却金)の確認。

    査定時の申告は嘘をつかずに伝える

    これまで瑕疵担保責任ついいて触れてきましたので、売り主の責任はわかったと思います。

    査定時には嘘をつかずに申告をしましょう。

    • 事故・板金修理の有無
    • 水没の有無
    • 車の機能の不具合(エアコンが効かない、サンルーフが開かない)
    • 走行時の異音や不具合(うなり音、旋回時の異音、チェックランプ点灯、シフトショック)

    台風被害でルーフの修理をしたけど事故ではないので申告しなかったらあとで指摘されたなんてこともあります。あなたが大したことではないと思っていても車の査定では重要しするべきところかもしれないのでしっかり申告しましょう。

    第三者を入れて解決する

    自分に落ち度がなく減額や契約解除、返金などの要求があった場合は基本的には業者間との話し合いになりますが、その際は専門家を入れて相談することをおすすめします。

    国民生活センター

    国民生活センターは、車買取に関するトラブルの相談にのってくれ独立行政法人です。過去にも様々な事例を取り扱っていますから適切なアドバイスが期待できます。

    >>国民生活センター

    JPUC車売却消費者相談室

    JPUCは車買取業者が健全にサービスを提供するためのガイドラインを設け、車買取業者のサービスの品質を向上させる目的の社団法人です。車買取業者の多くがここに登録をしています。

    「車売却消費者相談室」を設置しておりトラブルの相談にのってくれます。

    悪質な減額をしてきた業者に対し、「車売却消費者相談室」に相談すると告げたら、何も言ってこなくなったなんて話も聞きます。

    >>車売却消費者相談室

    トラブル回避のためのまとめ

    1. 契約書の確認とともにわからないことがあったらなんでも聞きましょう
    2. 瑕疵担保責任を理解し査定時の申告は正直に
    3. トラブル時には第三者を入れて話し合いをしましょう

    車を高く売りたいのに減額された!なんて嫌ですんもんね。しっかりトラブル回避しましょう。

    ちなみに私が個人的におすすめしたい車買取店は

    ユーカーパックです。

    体験談はこちら

    査定額公開!ユーカーパックのデメリットと評判を紹介【体験談】ユーカーパックの評判が気になる方へ、査定を体験した私がレビューしています。デメリットもありますので気になる方はご覧ください。業者オークションや買取店との価格差についても車屋の私が言及しています。...

    ネット上でもトラブルになったなんて見ませんし、何より高く売却できる可能性が高いですからね。それはこちらで個人的に証明しています。

    リアル車買取ランキング!体験したお店の査定額・評判を比較しておすすめの店を教えます車の乗り換えを考えた時、 「どこの車買取店に売れば、自分が大切に乗ってきた車を高く買い取ってくれるだろう?」 って思いますよ...

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です