ホンダ

    ステップワゴン【RK5】エンジンルームからの異音修理

    車検で入庫したRK5のステップワゴン

    信号待ちなどで異音がするのでついでに直してほしいというご要望です。

    この記事ではステップワゴンの異音修理の様子と修理費用について書いていますので参考にしてください。

    車両情報

    車種:ステップワゴン

    年式:H25年

    型式:DBA-RK5

    距離:5万キロ

    異音の確認

    入庫時に音を確認しましたが結構音が大きいです。

    注意:大きな音が出る可能性あり!

    機械的な音で

    カチャカチャというか、カタカタというか

    そんな感じですよね。

    音が出る条件としては、エアコンONの状態で信号待ちなどのアイドリング時です。

    原因はわからないのですが、私の経験で言うとファンベルトのオートテンショナーが1番怪しいです。

    修理

    オートテンショナーの交換

    修理と言ってもオートテンショナーの交換です。

    交換要領は

    1. ファンベルトの取り外し
    2. オルタネータの取り外し
    3. オートテンショナーの取り外し

    となります

    RK5ステップワゴンのファンベルトの取り回しです。取り外す前に取り回しをしっかり頭に焼き付けます。もしくは写真ね。組み付け時にアレっ?どんなんだったっけ?て必ずなりますから。

    RK5ステップワゴンのファンベルトの取り回しです

    ベルトの取り外しは奥にある17ミリのナットに工具をかけテンションをかけます

    RK5ステップワゴンのファンベルト取り外し結構固いので鉄パイプで延長します。向って右側にレンチを動かします。

    RK5ステップワゴンのファンベルト取り外し

    するとファンベルトが緩み外れます。オートテンショナーの固定ボルトはウォーターポンププーリーを取り外さないとアクセスできませんが、ウォーターポンププーリーはオルタネーターを外さないと外れません。

    何事も順番が大切です。

    RK5ステップワゴンウォーターポンプぷーりの奥にテンショナー固定ボルト

    オルタを恥ずああしましたが、プーリーは結構知恵の輪ですよ。

    RK5ステップワゴンウォーターポンププーリーは知恵の輪

    ようやくオートテンショナーにアクセスできます

    RK5ステップワゴンオートテンショナー取り外し

    ちなみにこいつがオートテンショナーです。オイルの力でベルトの張力を維持します。

    RK5ステップワゴン新品オートテンショナー

    ダンパーの中にはオイルが入っていますよ。漏れていた形跡などは全くありませんでしたが、いわゆるヘタリで張力が緩みテンショナーが暴れ異音がするんですかね?(憶測)

    RK5ステップワゴンオートテンショナーはオイルが入っている

    作業は取り外しの反対の順番で組み付けるだけです。

    RK5ステップワゴンファンベルト取り付け

    異音止まらず

    オートテンショナーを交換しましたが、結果音は小さくなったけどまだ異音がずる時があります。

    各方面に情報収集したところ、ベルトでセットでの交換が望ましい。という見解でした。

    それは、わかっていたんですけどね。ノゾマシイのは。。。

    ただファンベルトまだ使えそうじゃんってことで、今回は交換見送りにするつもりだったんですよ。

    しょうがないので、ファンベルトも新品に交換すると、音はピタッと止まりましたよ。

    という事で、ケチらずセット交換が望ましい。という事です。

    ファンベルトも多少伸びて異音の原因になってたのかな?

    費用

    今回異音修理にかかった費用を見てみましょう。

    オートテンショナー9300円
    ファンベルト4560円
    工賃8500円
    合計22360円

    ※レバーレートは¥8500で計算
    ※消費税抜きの計算

    ステップワゴンの故障をまとめた記事はこちら

    ステップワゴン故障まとめ私がこれまでに整備してきたステップワゴンの故障をまとめてみました。 ステップワゴンと言いましてもRF系からRK、RP系まで形式は様...

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です