一般整備

【FD2】シビックタイプRのプラグ交換方法と交換費用

車両情報

ABA-FD2

H19年式 7万キロ

ホンダ シビックタイプR

プラグ交換の依頼です。

プラグ交換方法

プラグを交換するにはまずカウルトップガーニッシュとその下にあるパネルを取り外さなくてはプラグ交換できません。

取り外しの順序としては

  1. カウルトップガーニッシュ
  2. カウルトップパネル
  3. コイルのカバー
  4. イグニッションコイル
  5. スパークプラグ

って感じですね。

クリップを取り外し、カウルトップも外します。

黒い鉄製のパネルも取り外します。

頭が10ミリのボルト5本と頭が12ミリのボルト4本を取り外します。

ガーニッシュとパネルを取り外しますとようやくイグニッションコイルやプラグにアクセスできます。

取り外したプラグはNGKで品番は「IFR7G11KS」です。

新しく取り付けるものは「BKR7EIX-11PS」です。

品番は違いますが互換性があり問題ありません。

自分は新しいプラグを取り付ける際は必ずスレッドコンパウンドっていうかじり防止や焼き付き防止などのケミカルを塗布します。

電極につかないようにスプレータイプのものではなくチューブタイプのものを使用しています。

取り付けは逆の手順ですがカウルパネルのセンターは奥まったところにボルトがありますので、ソケットにテープなどでボルトを落とさないように工夫した方がイイですよ。

これならボルトが落ちる心配がないっす。

プラグ交換の交換費用

スパークプラグ:1900×4

作業工数:1H

部品代工賃合計
 7600 8500 ¥16100

※レバーレートは¥8500で計算

※消費税抜きの計算

合計で16100円となりました。

比較的に簡単な作業となりますし、工具もラチェットレンチやプラグ用のソケットがあればできます。自分で交換できる方は工賃分が浮きますのでぜひ挑戦してみてください。

 

最後に「車が高く売れる」お得なサービスを紹介させてください。

みなさん車を購入するお店でそのまま下取りで車を売却していませんか?それって大幅に損をしている可能性があります。

損をしないために重要なのは相場観を身に付けること。あらかじめ査定をして自分お車の相場を知ることが、安く下取りされない予防策です。

私は「ユーカーパック」で自分の車を査定してもらいましたが、業者オークション価格より高く値段を付けてもらいました。

査定は無料なのでサクッと査定してみてください。

私も査定からオークション出品まで体験していますが、その記事はこちらでみれます。メリットやデメリットを詳しく解説しています。

査定額公開!ユーカーパックのデメリットと評判を紹介【体験談】ユーカーパックの評判が気になる方へ、査定を体験した私がレビューしています。デメリットもありますので気になる方はご覧ください。業者オークションや買取店との価格差についても車屋の私が言及しています。...

そして実際に乗っている車は業者オークションにて売却しましたが、ユーカーパックより安い金額でした。その失敗記談がこちらです。

車を高く売れなかった失敗談!業者オークションはオワコンです皆さん車って高く売りたいですよね? 車屋に務める私も同じように思います。 むしろ私は車売買のプロですので車を高く売るのが仕事...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です