一般整備

【FD2】シビックタイプRのプラグ交換方法と交換費用

車両情報

ABA-FD2

H19年式 7万キロ

ホンダ シビックタイプR

プラグ交換の依頼です。

プラグ交換方法

プラグを交換するにはまずカウルトップガーニッシュとその下にあるパネルを取り外さなくてはプラグ交換できません。

取り外しの順序としては

  1. カウルトップガーニッシュ
  2. カウルトップパネル
  3. コイルのカバー
  4. イグニッションコイル
  5. スパークプラグ

って感じですね。

クリップを取り外し、カウルトップも外します。

黒い鉄製のパネルも取り外します。

頭が10ミリのボルト5本と頭が12ミリのボルト4本を取り外します。

ガーニッシュとパネルを取り外しますとようやくイグニッションコイルやプラグにアクセスできます。

取り外したプラグはNGKで品番は「IFR7G11KS」です。

新しく取り付けるものは「BKR7EIX-11PS」です。

品番は違いますが互換性があり問題ありません。

自分は新しいプラグを取り付ける際は必ずスレッドコンパウンドっていうかじり防止や焼き付き防止などのケミカルを塗布します。

電極につかないようにスプレータイプのものではなくチューブタイプのものを使用しています。

取り付けは逆の手順ですがカウルパネルのセンターは奥まったところにボルトがありますので、ソケットにテープなどでボルトを落とさないように工夫した方がイイですよ。

これならボルトが落ちる心配がないっす。

プラグ交換の交換費用

スパークプラグ:1900×4

作業工数:1H

部品代 工賃 合計
 7600  8500  ¥16100

※レバーレートは¥8500で計算

※消費税抜きの計算

合計で16100円となりました。

比較的に簡単な作業となりますし、工具もラチェットレンチやプラグ用のソケットがあればできます。自分で交換できる方は工賃分が浮きますのでぜひ挑戦してみてください。

 

この記事が参考になった方はSNS等でシェアしてくれるとうれしいです。

また下部にコメント欄がありますのでお気軽にご活用ください。

まだ下取りに出してるの?

私が「ユーカーパック」という無料査定に実際に査定に出しましたら、業者オークションと同じレベルの査定額でした。独自のオークションなので仲介業者が存在せず、余計なマージンを取られないのが高く売れる秘密です。

私の場合下取り額と比べると30万円以上高く売れる計算でした。本気で車を高く売りたい方はユーカーパックのオークションをオススメします。

査定は無料でサクッと出来ます
 

詳細ページ公式ページ

 

まだ高い車検に出してるの?

毎回出している車検も部品をポンポン交換するような高い車検ではありませんか?楽天車検なら3万円の節約が出来ますよ。



価格を比較して格安車検で節約しよう

詳細ページ公式ページ

 

まだ高いお金支払ってタイヤ交換してるの?

今はタイヤもネットで購入して安く組み付けてもらう時代ですよ。最寄りのタイヤ屋さんへ配送してくれるので自分で持込む必要なし。組み付けの予約もネットでポチポチするだけです。



タイヤはネットで購入して節約しよう

詳細ページ公式ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です