ナビ、オーディオ系

    ジムニージエラにバックカメラを取り付けてみた

    納車1年待ちだったジムニーシエラがようやく入庫してきました。

    今回はお客さん希望のでパナソニックのバックカメラの取り付け方をしましたのでその方法などを紹介しますね。

    社外品のバックカメラをジムニー(シエラ)にどう取り付けたらいいの?

    って方はご覧ください。

    ジムニーシエラにバックカメラ取付方法

    社外バックカメラの取り付け位置はナンバープレートの上です。

    純正バックカメラ用の穴が空いているので活用します。

    カメラが隠れるので、シンプルでスマートに取り付けができますからね。

    リヤバンパー取り外し

    まずはカメラを取り付ける、リヤバンパーを取外しをします。

    ジムニーシエラの場合はナンバープレートに封印があるため、ナンバープレートが簡単に取り外せません。バンパーを外す際にスライドさせながら上手に抜き取ります。

    ジムニーの場合はナンバープレートを外してから作業しましょう。

    まずナンバーを固定している部品を外します

    テールレンズ、ナンバー灯のカプラーがありますので、外しておきます。黒いボックスの中にあります。

    バンパー本体はクリップ、ボルト、スクリューで固定されていますのでそれを外すと簡単に取れます。シエラの場合はナンバープレートでバンパーを傷つけないように2人での作業がいいですね。

    またバンパー側にはキズ防止で養生をしましょう。

    配線引き回し

    バンパーが外れたら、室内側の配線の引き回しをします。バックカメラからナビゲーションまでのケーブルですね。

    左側のクウォータートリムを外します。

    室内から外側へ出ているグロメット部に切り込みを入れてから、カメラハーネスを外側に出します。

    防水処置はブチルテープでしっかりします。

    あとはハーネスを固定しながらナビゲーションの裏まで通します。

    パンパー加工・カメラ取り付け

    続いて取り外したバンパーにカメラを付けます。

    カメラ取り付け穴を塞いでいるカバーを開け、カメラがどんな位置につけるのかイメージします。

    社外品の場合、カメラを固定るるのもがないので加工が必要。カメラ穴の目隠しに使われている部品がちょうど良さそうなのでこれにカメラを貼り付け固定することにします。

    まず目隠ししている部品を切り取ります。

    バンパー側ににはタッピング穴がありますので、ここに切り取った部品を取り付けます。

    余分な部分はカットし、穴あけ加工をしてきれいにハマるようにします。

    こんな感じにね。

    ここにカメラを貼り付けますが、位置決めをするのに角度やら調整を根気よく何度もします。

    カメラ位置が決まったら、貼り付けて固定します。カメラハーネスも既存のハーネスに固定しょう。

    最終的にはこんな感じで付きます。

    シンプルできれいに取り付けができましたね。

    バンパーを取付け、各配線の結線すれば完成です。

    バックカメラの写り方

    ちゃんと映るかを確認すると、こんな感じでした。しっかり後ろが見えていますね。

    ただジムニーの場合は、スペアータイヤがありますので、カメラに映る映像を気にしすぎるとスペアータイヤでぶつける可能性がありますので注意が必要です

    バックカメラ取り付けにかかる費用

    今回はパナソニックのバックカメラを取り付けしました。

    価格は以下の通り

    バックカメラ10000円
    取り付け工賃15000円
    合計25000円

    取付に自信のある方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

    しかし今回の車種は加工しないとすんなりと取り付けができないので、多少の技術を要します。

    そこで「社外品を買ってみたものの取り付けが上手く出来ない」、なんて方におすすめのサービスを紹介しますね。

    それは「車の出張メンテナンスをしてくれるseibii」というサービスです。経験豊富な自動車整備士が指定された場所に出向きバックカメラの取り付けをしてくれます。

    対応エリアがまだ全国ではないですが、ご活用してみてください。

    Seibii

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です