車検

ガソリンスタンドで車検を受けても大丈夫?プロが解説

どーも現役自動車整備士のナルイチです。

ガソリンスタンドの車検の広告が新聞に入っていたんですが、軽自動車で5万円くらいなんですね。

車検代安い!って思ったことないですか?

そうです!とにかく安いんです。

でもガソリンスタンドの車検って技術的に大丈夫?安いからしっかり見てないんじゃないの?

なんて不安ないですか?

そこで現役整備士の私がガソリンスタンドの車検のメリットとデメリットをしっかり解説します。

結論としてガソリンスタンドでの車検は、

年式が新しく交換する部品が少ない車に関してはオススメ。それによって3万円程度の節約ができるメリットがあります。

その辺を詳しく解説しますね。

現役整備士がオススメするガソリンスタンドの車検はココ経由がお得でいいですよ。
(ネット経由だと割引が半端ないです)

【楽天車検】

ガソリンスタンドで車検を受けるデメリット

まずガソリンスタンドで車検を受けるデメリットを書いてみる。

ガソリンスタンドで車検を受けるのは不安だ」と思っている方も多いだろう。車屋ではなくメインはガソリンを売っているところだからね。

確かにガソリンスタンドでの車検はデメリットがあります。

そこでプロの目から見たデメリットをしっかり伝えますね。

以下は私が感じるガソリンスタンドで車検を受けるデメリット

  • リコール、改善対策、サービスキャンペーンなどの対応はほとんどない。
  • 低年式、距離数乗っている車の整備に不安がある。
  • 重整備、特殊工具を使う整備はできない。
  • 車種ごとの弱点を把握できていない。

それぞれ解説しますね。

リコール、改善対策、サービスキャンペーンなどの対応はほとんどない

ガソリンスタンドではリコール等の対応はほとんどの場合実施しません

「ディーラーまたは車屋へ持って行ってください。」という対応。

逆にディーラーへ車検や点検を持っていくと、

「この車両はリコール対象車となっていましたので作業させていただきました」

と、こちらから言わなくても必ず対応をしてくれる。

低年式、距離数乗っている車の整備に不安がある

ガソリンスタンドにも整備士の質がバラバラだ。

経験少ない整備士に様々な整備を任せるには多少の不安はある。

経験豊かな整備士がいるところを選ぶか低年式、過走行な車は整備工場を選択するのも手だ。

重整備、特殊工具を使う整備はできない

エンジンやミッション脱着など重整備をやれるところはほとんどないと思われる。

専用工具がないのが原因だが、重整備ができないと「エンジンを下ろして作業する、エンジンオイル漏れの修理ができない」といったところがユーザー側のデメリットになる。

こういった整備が必要な場合はディーラーや整備工場へ外注、もしくはユーザーが持ち込みといったことになります。

車種ごとの弱点を把握できていない

また、車種ごとの弱点を把握していないので深い整備が不得意ということもある。

フィットだと早めにCVTオイルを交換しようとか、ランクルはハブベアリングの調整を必ずしなきゃとか、ダイハツの車はエンジンマウントはチェックしなきゃとか…

こういった車種ごとの情報とかはおそらく無いので、車種ごとに対する予防整備などは期待できない。

以上が私(プロ)から見たデメリットだが、口コミでも不安要素が書かれていたので紹介しよう。

口コミから見たデメリット

ネットで調べたらこんなデメリット(口コミ)があった。

  • 代車が無い所が多い
  • 整備保証がない
  • 引取りとか納車とかが無い

検索して調べたらこんなこんな感じだったけど、私がしっかり調べた答えはこれ。

  • 代車はほとんどのところに準備がある。
  • 整備保証はそもそも24か月点検をすれば整備保証は間違いなく付いてくる。
  • 引取り、納車も半分くらいはやっているところもある。

今のガソリンスタンドは結構優秀です。

代車はほとんどのところであると思っていいし、整備保証に関しては24か月点検を実施すれば点検整備記録簿がもらえるはずだ。

それがまさに整備保証となってくる。

引取り、納車に関しては対応しているところは正直半分くらいかな。これは後で書くけど自分で簡単に選択できるから問題なしです。

ではメリットは?

ガソリンスタンドで車検を受けるメリット

箇条書きで挙げてみました。

  • なんといっても安い!
  • 土日祝OK
  • 夜間営業をやっている
  • 過剰な整備をされない

こんな感じ。

ガソリンスタンドの車検は基本料金が安い!

ガソリンスタンドの車検料金は安すぎというくらい安いです

詳細は後術しますが、結論だけ言うと3万円ほど節約になります。これは車検にかかる費用のうち基本料金が一般的な車屋と比べ安いからです。

土日祝OK

うちの工場は認証工場なので車検は陸運局の車検場へ持ち込みます。なので土日は車検を受験できません。

しかし一部のガソリンスタンドでは指定工場を取得しているところもあり、土日でも車検OKなところがかなり多い。指定工場とはその工場に検査員がいるので、その場で車検の検査ができるということです。

忙しい人は土日で車検ができる選択があるというのはいいですよね。

夜間営業をやってる

夜間営業をやっているところもあるので時間が無い人にはうれしいサービス。(車検整備を夜間にするのではなく受付等です)

過剰な整備をされない

ディーラーなどは必要以上に部品交換を勧める傾向にありますが、ガソリンスタンドではないと思われます。(タイヤ、バッテリーは早めの交換を勧められるかもしれません)

ガソリンスタンドの車検はオススメできる?

さて、これまでガソリンスタンドで車検を受けるメリットとデメリットを書いてきたが結論に入る。

実際ガソリンスタンドでの車検ってどうなの?

俺の見解はこう。

初回車検または2回目の車検はガソリンスタンドで受ける恩恵はかなりでかいのでオススメできる!

結論は以下の通り

  • 初回、2回目の車検はガソリンスタンドでOK
  • 3回目以降はケースバイケースだが整備工場でしっかり整備をオススメ

 

初回車検でガソリンスタンドをオススメする理由

具体的に解説してみよう。

初回車検ということはあなたの車は購入から約3年経っています。走行距離はどうでしょう?3万キロくらいではないでしょうか?

では初回車検で入庫した車で3万キロくらいの走行距離の車では、具体的にどんな部品交換するのか挙げてみる。

  • オイル、エレメント交換
  • ワイパーゴムの交換
  • エアコンフィルターの交換
  • キーレスの電池交換
  • ブレーキオイルの交換(2年ごと)

うちのお店ではこんな感じです。

要は初回車検の車はほとんど整備することがない!

ってことなんです。ご覧のとおり誰もが聞いたことのある消耗品だけです。

ディーラーで車検を受けようが街の整備工場で車検を受けようが、車自体の状態がいいのでトラブルになるような箇所もなければ、予防整備も大して必要がないワケなんです。

ということは少しでも安い所で車検を受けた方がお得ってことね!

比較してみると

基本料金
整備工場¥43000
ガソリンスタンド¥15000

※車検の(代行料含める)

約3万円ほど安くなる!

これならガソリンスタンドでの車検でもいいかな?て思えますよね?

本当に安いのかは下記のサイトで確認してみてください。(価格はサクッと比較できます)

【楽天車検】


2回目の車検はガソリンスタンドで受けてもいいか?

では5年経った2回目の車検ってどうなの?ってなりますが俺の結論は

2回目でも安心して受けれる!

詳しく解説していこう。

2回目の車検ということは5年経過しよとしている車だ。走行距離はどのくらいになっているだろうか?ここでは平均な距離数であろう走行距離5万キロで話を進めていく。

では2回目の車検では主にどのような部品の交換が必要になっていくのか見てみよう。

初回車検にプラスして必要なものを挙げていく。

  • タイヤ
  • バッテリー
  • ブレーキパッド
  • エアークリーナー

こんな感じだろう。車に詳しくない人が聞いてもわかりそうな部品ばかり。

一般的な消耗品を主に交換する必要があるころだ。

この一般的な消耗品であれば特殊な技術も工具も必要としないため、ガソリンスタンドでも安心して任せれるのではないだろうか?タイヤやバッテリーなんかはいつも作業してるしね。

余談ですが某メーカーのディーラーに勤める私の知人は、繁忙期に1日に整備士1人が車検を10台近く車検整備をするみたいです。

知人はこう言っていました「もはや流れ作業

これは憶測ですが、ブレーキ関係とかしっかりバラして整備してないんじゃないの?って思っちゃいますよね。

同じレベルの整備であれば安い所でいいんじゃないの?

って思うわけです。

これ、個人的な意見です。と言う事で

結論は2回目の車検もガソリンスタンドで受けるべし!

最寄りのガソリンスタンドや車検専門店を探してくれて、金額が比較できます。早割やインターネット割引なども充実しているのでネットからの予約がオススメ。

【楽天車検】

ちなみに2回目の車検でまだタイヤ交換をしていない方は交換時期になっている可能性が高いです。車検時に交換でもいいのですが、タイヤは予め自分で交換しておくと節約になりますよ。

ネットで購入して、そのタイヤを最寄のタイヤ屋に運んでもらって組み替えてもらえるサービスがあります。そうするとタイヤ代が総合的に安くなり車検代節約できます。

参考記事

タイヤのネット通販でオススメサイトを書いた記事

さて3回目の車検は??

3回目の車検はガソリンスタンドで受ける?

個人的な意見だが3回目以降からは多くの場合整備工場へ持ち込んだ方が無難だと考える。

3回目の車検とは7年を迎えようとする車だ。ゴム系の部品にヤレが出てくる時期。

さらにしっかり見極め予防整備をしてくれる技量が必要になってくると考える

ガソリンスタンドにその技量が無いとは言い切れないが、街の整備工場の方が経験が豊富な整備士がそろっていることには間違いがない。

まとめと楽天車検の紹介

俺的結論

年式が5年落ち以内、距離も5万キロ以下ならガソリンスタンドなどの安く車検を受けれるところへ出し、それ以上だと街の整備工場へ出す。

このような使い分けをすることが賢く車検を受けることとなり結果、車検代をうまく節約できます。

3回目以降の車検ではしっかりと車を整備する!と割り切り整備にお金を掛ける。

そしてまだ車にガタがきていない初回車検や2回目の車検ではガソリンスタンドのような基本工賃が安い所に車検をお願いすればいいでしょう。

具体的には先ほどから紹介している楽天車検を活用しましょう。

なぜここまで楽天車検を推すのか、楽天車検を使うメリットを解説します。

まず使い方はとても簡単。

楽天車検のサイトへ行って、郵便番号を入れると最寄りの格安車検の一覧が出る。

「エネオス」などのガソリンスタンドだけじゃなく、オートバックスなどの有名カー用品店や街の整備工場も登録してあったりとユーザーがどこに車検をだすか選択できるようになっています。

そして整備工場ごとに車検料金が比較できるように表示されますので、最安値の整備工場をすぐに見つけれます。

お店の情報は、割引などわかりやすく明記されている。

たとえば

  • 代車あり
  • 早割りあり
  • 引取り納車あり

とか。

割引もネット予約なら結構な金額が割り引かれます。

この店「新車」で「早割」なら6千円以上安いやん!

てな感じで安いでしょ?これは車検を受ける会社によって違うのでいろいろ見てみてください。

そして楽天車検なので楽天ポイントも貯まりますので楽天ユーザーには嬉しいですよね。

楽天車検のいいところは

  • 最寄りの格安車検の値段をかんたんに比較できる
  • ネット予約の割引をガッツリ使える
  • 楽天ポイントが貯まる

車検代をカードでお支払いすればさらにポイント貯まりますので楽天カードまだな人は検討してもいいも。自分は楽天カード3枚持っていて楽天ポイントでへそくりを作っていますw

あとは自分に必要なサービスだったり割引サービスがあるところをがあるところだけチョイスすればいいって話。

楽天車検は、自分の車を隅々まで見てもらえるのでディーラーで車検を受けたい!って人にはオススメしませんが、車検代を少しでも安くして浮いたお金で貯金したり欲しいものを買ったりしたい人はオススメできますよ。

まだ車検代の高くて流れ作業のディーラーで車検受けるんですか?

車検代を節約すれば浮いたお金でちょっぴり豪華ランチ行ったり、欲しかったものが買えちゃいますよ。

3万円節約できる車検予約はこちら

楽天車検

 

楽天車検をもっと詳しく知りたい方はこちらに詳しく書きましたので参考にしてくださいね。

楽天車検のメリットとデメリットを書いた記事

 

最後に「車が高く売れる」お得なサービスを紹介させてください。

みなさん車を購入するお店でそのまま下取りで車を売却していませんか?それって大幅に損をしている可能性があります。

損をしないために重要なのは相場観を身に付けること。あらかじめ査定をして自分お車の相場を知ることが、安く下取りされない予防策です。

私は「ユーカーパック」で自分の車を査定してもらいましたが、業者オークション価格より高く値段を付けてもらいました。

査定は無料なのでサクッと査定してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です