その他

車盗難の手口と盗難対策を紹介する

最近の車はスマートキーなどと呼ばれるキーフリーシステムが一般的になりつつありますよね。カギを持っているだけで車とカギが照合されドアのロック、アンロック、エンジン始動までできて、とても便利です。

技術の進歩により、ユーザーはより快適になっているのですが、このシステムを悪用して自動車を盗まれてしまうことが問題となっています。

近年高級車が盗難に遭うという被害を耳にしますが、イモビライザーの付いたスマートキーでなぜ盗難に合うんだ?と思われる方もいるでしょう。

最近では

  • リレーアタック
  • コードグラバー

と呼ばれる手法で盗難が日本でも発生していますので、車の盗難について解説をしてみますね。

リレーアタックとは

まず「リレーアタック」と言われるものですが、これはスマートキーから発信されている微弱電波を増幅させる装置を使い、車両側に「スマートキーを持ってる所有者がいる」と誤認させ、アンロックとエンジンスタートをしてしまう窃盗の方法です。

わかりやすい動画がありましたのでご覧ください。

リレーアタックは日本でもランクルが被害に遭ったとニュースになっていましたね。

自宅で被害に遭うケースでは、車のキーを玄関先などに置いてありその微弱電波を拾われるといった懸念があります。

そこで気になるのはリレーアタック対策ですよね。

リレーアタックの場合はスマートキーの電波を盗まれるわけなので、電波を遮断する方法が有効です。

遮断方法は

  • スマートキーを「金属製の箱に入れる」
  • リレーアタック対策のキーケースを利用する

などがあります。

自宅の玄関先などにスマートキーをそのままおいているとリレーアタックの被害に合う危険性があるので、金属製のケースにキーを入れて遮断する方法がいいですね。

鉄製でもアルミ製でも電波を遮断できるので手軽にできるリレーアタック対策です。

外出時にはケースに入れておくことは現実的ではないので、電波を遮断できるポーチなどがありますのでそちらを活用しましょう。

コードグラバーとは

そしてもう1つ「コードグラバー」と言った窃盗の手法があります。暗号コード)を捕えるグラバー)と言った意味合いで呼ばれているみたいです。

リレーアタックとの違いですが、リレーアタックはスマートキー側の微弱電波を増幅するのですが、コードグラバーはスマートキーから発信される電波(暗号)を装置に読み込み、スマートキーを複製するといった手法です。

TVのニュースで観た情報では、車両側の発信する電波かをキーの情報を取り込むことが出来るといった内容を言っていましたので、スマートキーが無くてもコードグラバーの機器があれば窃盗が可能と言う事になる恐ろしい手法です。

 

外国ではコードグラバーの機器が、普通にネットで販売されており、一般人でも6500ユーロ(約80万円)ほどで購入できるみたいです。

そしてコードグラバー対策ですが、残念ながら現状ではこれといった対策がないのが現実です。

コードグラバーは相手が車のオーナーと同等のキーを保有しているのと同じなので、なす術がないといった感じですね。

先ほど紹介したリレーアタックの対策をしていても、コードグラバーで狙われるとどうしようもないということです。

とは言っても窃盗犯にみすみす盗まれるわけにもいかないので、できる限りの防犯をしておきましょう。

盗難対策

コードグラバーを防ぐことができなくても一般的な盗難対策をしておくことで大切な愛車を守ることができます。

  • ガレージに保管する
  • 防犯カメラ・防犯用ライト設置
  • ハンドルロック・タイヤロックの活用
  • 社外イモビライザー設置
  • GPSでの監視

ガレージ保管・防犯カメラ・防犯ライト

可能であればシャッター付きのガレージに車を保管しておきたいところ。更に防犯カメラや防犯ライトの設置で防犯意識を示せれば盗難の予防になると思います。

とは言えすぐに対策出来ることではないのがネックですよね。

ハンドルロック、タイヤロック

この他には物理的なハンドルロック、タイヤロックの設置も盗難対策に効果的です。毎回設置する手間はかかりますが、視覚的にも防犯意識を示せると思います。

窃盗犯に「この車を盗むのは面倒だな、リスクが高いなと」思わせることが重要ですね。

社外のイモビライザーを取り付ける

純正でもイモビライザーは当然装備しているのですが、リレーアタックやコードグラバーではその情報を盗まれ、エンジン始動され盗難となってしまいます。

それを防ぐのが新たなイモビライザーシステムの追加です。純正キーとは別にもう一つイモビライザーを携帯しなくてはならないといったデメリットは出てきますが、これで盗難対策となれば我慢できる範囲ですね。

調べてみたら「サターンイモビライザー」といった商品がありましたので気になる方はご覧ください。


前半は商品の説明ですが、具体的にどのような状態になるのかは3:30秒あたりから見ればわかりやすいかと。

取り付けはカーセキュリティ専門店などに相談するのが良いでしょう。

GPSでの監視

これまでは盗難に合わないための対策を紹介してきましたが、万が一盗まれたときの対策としてGPSの追跡ということも検討したいですね。

GPSの追跡ではいくつかの種類がありますので紹介します。

ココセコム

防犯対策で有名なセコムに「ココセコム」というサービスがあります。

GPSで車の位置情報がわかりユーザーの通報によりココセコムのスタッフが現場急行してくれるサービスです。

いざ盗難に合ってGPSで場所がわかっても窃盗犯がいる可能性もあるので、セコムの警備員が現場へ急行してくれるとなると心強いですよね。

機器はバッテリーから電源を取りますのでバッテリー切れなどの心配もなく、小型なので車の狭いスペースに取り付けが可能です。

月額900円からの利用が可能で値段もお手ごろ

ココセコムのHPはこちら

iPhoneを探す

iPhoneでは「iPhoneを探す」という機能があります。GPSを使ってiPhoneの場所を特定するわけですね。使わなくなったスマホを車においておけばそれだけでGPSか活用できますからお手軽です。

しかし、作動にはモバイル通信が必須なので格安simなどの契約をする必要はあるというのがネック。またスマホ自体の電源が切れると作動しませんので、常に充電しておくなどの処置も必要です。

バイク用盗難防止GPS「Limd」

バイク盗難用ですが、「Limd」と言う商品がありました。安くて性能がそこそこよさそうなので紹介します。

〇機能

  1.  常時、地図上で位置を確認できます。(モバイル&パソコン)
  2.  指定範囲(100m以内~)から移動した場合は、モバイルにアラーム通知設定が出来ます。
  3.  指定範囲内で振動によるアラーム通知設定。または、SMSによる通知。
  4.  電源が切られた場合に、アラーム通知設定。
  5.  モバイル(スマートフォン)から、異常を感知した場合に、コマンド送信でメイン電源をカット、エンジン停止が出来ます。

引用元:リミッド

本体は24800円で格安simの契約は必要です。(月額200~500円程度)スマホへ異常を知らせてくれスマホからエンジン停止が出来るみたいですね。

当然GPSで行方を追えるので最悪盗難にあってからでも色々な対応ができます。

しかし取扱店が少ないのがデメリットですね。

Limd  リミッド (位置情報監視装置)

盗難防止のまとめ

これまで窃盗犯による盗難の方法やオーナーが出来る盗難防止策を紹介しました。

やはり車メーカーもイモビライザーなどの盗難防止策を装備しているのですが、その上の技術を持って窃盗犯たちが車を盗みに来ます。2019年のデータでは車盗難ランクキングワースト1位がレクサスになったとのこと。

それだけ盗む技術が上がっていると言う事なのでしょう。

今後車のメーカー側にも対策をして欲しいものですが、いたちごっこになることも予想されます。なのでユーザー側が防犯対策として準備しておくことが愛車を守る唯一の手ではないでしょうか?

最後に「車が高く売れる」お得なサービスを紹介させてください。

みなさん車を購入するお店でそのまま下取りで車を売却していませんか?それって大幅に損をしている可能性があります。

損をしないために重要なのは相場観を身に付けること。あらかじめ査定をして自分お車の相場を知ることが、安く下取りされない予防策です。

私は「ユーカーパック」で自分の車を査定してもらいましたが、業者オークション価格より高く値段を付けてもらいました。

査定は無料なのでサクッと査定してみてください。

私も査定からオークション出品まで体験していますが、その記事はこちらでみれます。メリットやデメリットを詳しく解説しています。

査定額公開!ユーカーパックのデメリットと評判を紹介【体験談】ユーカーパックの評判が気になる方へ、査定を体験した私がレビューしています。デメリットもありますので気になる方はご覧ください。業者オークションや買取店との価格差についても車屋の私が言及しています。...

そして実際に乗っている車は業者オークションにて売却しましたが、ユーカーパックより安い金額でした。その失敗記談がこちらです。

車を高く売れなかった失敗談!業者オークションはオワコンです皆さん車って高く売りたいですよね? 車屋に務める私も同じように思います。 むしろ私は車売買のプロですので車を高く売るのが仕事...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です