スズキ

「スズキリコール」アルト、ラパンのガソリンタンク交換

スズキ株式会社から発表されているリコール作業をしましたので、簡単にレポートします。

リコールの内容

リコールの内容と車種は以下の通り

燃料タンクにおいて、樹脂成形時の冷却が不十分であったため、燃料ポンプ取り付けねじ部に成形不良が生じ、燃料ポンプを取り付けた状態でのシール性能が低下するものがあります。そのため、満タン時に当該部から燃料が漏れるおそれがあります。

対策としてはガソリンタンクを対策済みの良品と交換することです。

対象のガソリンタンクや取り付けのネジ部品も樹脂製なのですが、その形が不良品で燃料が漏れ出すということです。

「ガソリン満タン時に漏れ出す」とのことなので、ダダ漏れというよりはにじみ出る感じなのでしょうが、いずれにしても危険なので早急にリコール対策をしてくださいね。

対象車種はアルトとアルトラパンで約1万7千台なので詳細はスズキのHPで確認してください。

引用と画像転載元は下記スズキリコールHPより

アルト・アルトラパンリコールについて

交換作業

リコール作業の手順としましては

  1. 燃圧の除去(ポンプ停止してアイドリング)
  2. ガソリンタンクを下す
  3. 対策済み部品(タンクとキャップ)に交換

このような形となります。

フューエルポンプは再利用します。

黒い部分がフロートになっており、高さの変化によってフューエルインジゲータを表示させます。

白い部分はフューエルフィルターです。タンク内のごみなどをエンジン内部に入れないようにするためですね。

肝心の対策されているフューエルポンプのキャップですが、目視では何が違うのかわかりませんでした。

まとめ

交換作業は2時間程度で終わりますが、作業には部品の手配や日程調整などもありますので飛び込みで出来る作業ではありません。

リコールの通知が届きましたら、お近くのスズキディーラーなどにお問い合わせをし作業の予約をしてくださいね。

あるとではこの他ワイパーのリコールも出ていますのでチェックしてみてください。

【リコール】アルトのワイパーモーター交換車両情報 スズキアルト HBD-HA25V H24年式 リコール対象車のためリコールの作業を実施しました...

リコールの対象車両かどうかはメーカーHPにてフレームナンバーを入力すれば確認できますよ。

リコール検索はこちらから

最後に「車が高く売れる」お得なサービスを紹介させてください。

みなさん車を購入するお店でそのまま下取りで車を売却していませんか?それって大幅に損をしている可能性があります。

損をしないために重要なのは相場観を身に付けること。あらかじめ査定をして自分お車の相場を知ることが、安く下取りされない予防策です。

私は「ユーカーパック」で自分の車を査定してもらいましたが、業者オークション価格より高く値段を付けてもらいました。

査定は無料なのでサクッと査定してみてください。

私も査定からオークション出品まで体験していますが、その記事はこちらでみれます。メリットやデメリットを詳しく解説しています。

査定額公開!ユーカーパックのデメリットと評判を紹介【体験談】ユーカーパックの評判が気になる方へ、査定を体験した私がレビューしています。デメリットもありますので気になる方はご覧ください。業者オークションや買取店との価格差についても車屋の私が言及しています。...

そして実際に乗っている車は業者オークションにて売却しましたが、ユーカーパックより安い金額でした。その失敗記談がこちらです。

車を高く売れなかった失敗談!業者オークションはオワコンです皆さん車って高く売りたいですよね? 車屋に務める私も同じように思います。 むしろ私は車売買のプロですので車を高く売るのが仕事...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です