ホンダ

バモスのエアコンが効かない・オーバーヒート!?の修理

エアコンガスチェック

どーもナルイチです。

今回は「最初エアコンの効きが悪かった。そのまま走っていると赤いHマークが点灯した」という車が入庫してきました。

(赤いHマークって写真中央の水温の異常を示すランプね)

この時点で普通の自動車整備士であれば「あそこの部品が悪いな」と、わかるような故障です。

この「エアコンが効きが悪い」といった症状ですが、一見「大した故障じゃないから、また今度時間があるときに車屋に持っていくか」などと修理を先延ばしにしちゃいますよね。

でもこの先延ばしがエンジン損傷するような事態になりかねないんです。

今回はなぜ早めに持って行ったほうがいいのかの理由を含めて、修理の内容をレポートしますね。

車両情報

レポートの前に今回入庫した車の情報です。車の年式は古めです。

車種:ホンダ バモス

型式:HM1

年式:H16

走行距離:10万キロ

修理内容

 

  • エアコンの効きが悪い
  • オーバーヒートしそうになった(赤いHマーク点灯)

 

この2点から予想する故障箇所は「ラジエータファンが回っていない」です。

ラジエーターファンはラジエーターを冷やす役割エアコンのコンデンサを冷やす役割の2つがあります。

 

ラジエーターファンが何らかの理由で作動しなく故障した場合は

  • 冷却水を冷やすことが出来ず→オーバーヒート
  • エアコンのコンデンサが冷えず→冷風が出ない

このような2つの症状が出るわけです。

と言う事でラジエーターファンが回らない理由を探ります。まず簡単なところからチェックが基本ですね。

故障診断

とりあえず配線図を見ながら確認するのがシステムを理解出来るのでスムーズです。

各部電源やリレーなどを確認して、たどり着いた答えは

ラジエーターファン本体でした。12Vの電源を直接入れても回りません。

ラジエーターファン本体不良確定。。。

部品交換

今回は安く修理したいとのことでしたので、たまたまうちのお店にあった部品取り車から部品を拝借し取り付けました。

ラジエーターファンの交換はエアコンコンデンサーを取り外す必要があるため、エアコンガスの回収、真空引き、エアコンガスの充てんといった工程が必要となります。

修理費用

今回は中古部品を使っているので、新品部品を使った場合として算出します。しかしラジエーターファンモーター新品の見積もりを取っていませんので、超概算見積りで!

※作業工数は1.7で計算

部品代:エアコンガス2×¥1200、ラジエーターファンモーター:¥12000(予想)

部品代 ¥14400
工賃 ¥14450
合計 ¥28850

※レバーレートは¥8500で計算
※消費税抜きの計算

まとめ

エアコンの冷えが悪い、赤いHマークの点灯でしたが、ユーザーさんがエンジンをすぐに止めるなどの対処をしたおかげで最悪のエンジンブロー(エンジン本体が壊れること)は免れました。

年式や距離からするとエンジンブローになったら実質廃車ですからね。約3万円という痛い出費でしたが元通りに直ってよかったです。

 

しかし14年落ちといった低年式車では今後もこういったトラブルが頻発する可能性もありますから、車検のタイミングで買い替えを検討したいところですね。

バモスのような箱形でしたら値段が付く可能性もありますから、早いうちに無料査定に出すのも手です。

車の買い取り査定サービス

意外と値段ついて車買い替えの背中を押してくれるかもしれません・

自分も体験して高額査定が出たオススメの買取サービスです。

あわせて読みたい
非常識レベルの買取金額!ユーカーパックの無料査定を体験した話!評判や口コミは?みなさん車を30万円で下取りに出して、その後お店の前を通ったら店頭で100万円で売られている!なんて経験ありませんか? あれってか...
まだ「一括査定」してるの?オークション形式で高額査定ゲット!

詳細ページ公式ページ