車の無料査定

カープライスの評判は?査定を体験したのでデメリット4つを教えるわ 

カープライスの査定を体験しましたのでレポートしますね。

カープライスと言えば「オークション形式で車を高く売れる」と言う事が売りですが本当に高く売れるのでしょうか?また無料査定ってどんな感じなの?って疑問もあると思います。

実際に申し込む前にはいろいろな不安がありますよね?

この記事では私が体験した無料査定や査定結果をもとに本当に高く売れるかを検証していますので、カープライスに申し込むのに不安や疑問をお持ちの方は、私の体験談を参考にしてくださいね。

私は車屋で働く自動車整備士兼営業であり、業者オークションの相場を知れる立場であることや、同じオークション形式の無料査定も体験した経験がありますのであらゆる角度で買取店を比較出来ると自負しています。

先にカープライスのデメリットをもったいぶらずに書きますね。

  1. 車を売る予定が無いと無料査定さえ受けれない
  2. 査定の結果がよくわからなかった
  3. 査定後にすぐに最低落札価格を決めなきゃいけない
  4. オークション形式なのではっきりした査定額が出ない

①の車を売る予定が全くない方は基本的に無料査定を受けれません。というよりもカープライスが全く必要ない方かも知れません。

②~④は読み進めなければ何を言っているのかわからないかもしれませんので、興味がある方は読んでみてください。

体験談をもとにカープライスのメリット、デメリットを書いています。

カープライスとは?

まずカープライスのサービスがイマイチわからない人に説明します。が、動画を観るのがわりやすいかな?

カープライスとは「ネットオークション方式の買取サービス」です。車を買い取ってくれるとはいえ実際にはカープライスのオークションに参加しているバイヤーが買取をしてくれるんですね。それを仲介するのがカープライスです。

今まで一般ユーザーが車を売るには車を購入する車屋に下取りするか、買取り店に売却するかでした。

従来の売却では次のような流れ

車を売りたいユーザー

ディーラーなどの下取り店または買取店
下取り店などが利益を確保

業者オークション
売買時に手数料がかかる

販売店

販売店が利益を確保

車を買いたいユーザー

一方、カープライスなどのオークション型の買取店では上記の青枠が抜けます。

車を売りたいユーザー

カープライスによるオークション
(カープライスの場合成約手数料1万円※)

販売店

販売店が利益を確保

車を買いたいユーザー

※オークション成約時(税抜)

このような流れになり、間に入る業者が減りその分一般ユーザーが車を高く売れるようになっています。ある意味本来の車の価値通りに売れる画期的なシステムですが、中古車の売買を行っている車屋に勤める身としては痛い話です。

そんなオークション形式の買取サービスの無料査定の体験をしました。

査定をした車の情報

カープライス査定

無料査定の説明の前に今回査定した私の愛車の情報です。

  • トヨタ:ランドクルーザー80
  • 年式:H4年年式
  • 型式:S-HDJ81V
  • グレード:VXリミテッド
  • 走行距離:約19万キロ
  • 事故歴なし
  • 塗装各部ハゲあり

低年式のクルマですが、ディーゼルエンジンなので輸出で人気があり「腐っても鯛」な感じで、いまだに高額で売買される車です。

私のランクルは業者オークション(車屋さんたちだけが取引するオークション)で40万円~70万円の幅で取引されていますが、程度が悪いので40万円~50万円の間で落札されると予想しています。

しかし、一般ユーザーが私のところへ「この車を買い取って欲しい」と依頼があった場合は30万円以下での買取となります。その理由は利益確保と保険です。

業者オークションへの出品料や成約料が数万円かかるうえに、オークション会場へ車を運んだり、車を綺麗にしたり、オークション当日に会場へ行ったりと何かと経費が掛かります。私たち中古車販売業は当然これでご飯を食べているので経費を除いての利益確保は何より優先なんです。

また仮に買い取った車が事故車だったとかエンジンに不具合があったなんて場合も想定しなくてはいけません。事故車などの不具合がある車をつかむと、とても40万円~50万円では売れないですよね?こういった不測の事態に備えれるような買取価格の提示をしなければなりません。

話が少し外れましたが、車屋予想で40万円~50万円のランクルですが無料査定でいったいどのくらいの金額提示になるのでしょう?

無料査定はどんな感じ?

それでは申し込みから無料査定の流れを説明しますね。

  1. 無料査定の申し込み
  2. 電話によるヒアリング
  3. おおよその相場情報の提示
  4. 無料査定日の調整
  5. 査定実施
  6. 最低落札価格の決定

車の査定はこんな感じで進みます。無料査定は体験談を交えながら解説しますね。

無料査定の申し込み

まず公式サイトから簡単な車の情報を入力し無料査定を申し込みます。

カープライスの公式サイトはこちら

 

申し込みが済むと30分後くらいに電話が掛かってきます。(私の場合は30分後でした)

電話によるヒアリング

電話では車の詳細や今後の売却の予定などのヒアリングがあります。

まず車の売却の予定を確認されます。まだ次の車が決まっていなかったり、売却予定が曖昧な場合は無料査定を受け付けてくれません。単純にあなたの車の価値を知るために査定をすることが無いんです。売却の意思があり、予定がある人に無料査定を実施しオークションに出品できます。

カープライスはなんとなく査定してもらって「高かったら売ってもいいよー」なんてノリの人には向いていないサービスです。一括査定などが向いているかもしれません。

車の売却の意思がある人は車のグレードなどのヒアリングがあります。

車のグレードなどは価格に大きく影響する部分なので、相場をチェックするのには必ず必要な情報となります。グレードが分らない人はあらかじめ調べておきましょう。また手元に車検証を見れるようにしておくのが無難です。

車のグレードの調べ方

私が聞かれた内容は以下の通り

  • グレード
  • オプション品(ナビゲーションやETCなど)

おおよその相場情報の提示

ヒアリングによる車の情報をもとに、カープライスの担当者さんがある程度の相場をその場で調べて教えてくれます。

私の車(ランクル)の場合は26万円~92万円とのことでした。

幅広い。。。

これは無料査定をせずに車のおおざっぱな情報だけでの相場なので幅広くなるんですね。30万キロ走行した事故車の車と3万キロしか走行していない程度のイイ車では金額差があるのは当然ですよね。

それにしてもランクルは幅広いな。。。

これをリアルな金額に近づけるにはしっかりと無料査定を受ける必要があります。

無料査定日の調整

電話の最後に無料査定を受けるために日程の調整をします。私は日程上、翌日を希望したのですが、あっさりOKでした。査定は実店舗にてする場合と、自宅まで来てくれる出張査定を選べますが、私は出張査定にしました。

店舗はすべての都道府県にはありませんが、査定はすべての都道府県で対応できます。

カープライスでは、約100店舗のカープライス パートナー店、または全国約3,000店の車両検査代行店にてサービスをご利用いただけます。 お客様の近隣にカープライス パートナー店がない場合、車両検査代行店をご案内致します。

査定実施

カープライス査定

査定は予定時間ピッタリに来てくれました。さすがですね。査定の実施時間は30分から1時間程度かかるそうなので、ある程度時間に余裕がある時にするのがベストです。

査定中にユーザーは今後の流れなどをiPadで勉強します。

カープライス査定

車の不具合を申告します。

カープライス

査定はエンジンのオイルにじみや装備品、フレームのゆがみ、内外装のキズ凹みなどなど細かく見ていきます。またオークション出品が前提なのでオークションで使用するために写真の撮影を各部していきます。

オークションでは現車確認ができないので入札する業者さんは写真を信頼して入札をします。車を最低限きれいにしておくことが高額落札につながりますので実践しておきましょう。

最低落札価格の決定

査定が終わると検査員と最低落札価格の決定の打ち合わせをします。

「えっ!?もう売る話?最低落札価格決めるの?」てな感じで話が進んでいきます。

検査員が査定の情報を本部に送ると先ほどのipadに最低落札価格の案内が来ます。最低落札価格の案内とは、「この最低落札価格が適度だと思うんですがいかがですか?」っていうカープライスさんからの具体的な金額の提案です。

ちなみに私の車の場合は52万円でした。

最低落札価格とは

売り切りとも言い、オークション時に「この金額を超えたら売っていいよ」という金額で、最低落札価格を超えない限りオークションでの売買は成立しません。逆に最低落札価格を超える入札があった場合はユーザー側は必ず車を売らなければなりません。

査定終了後にすぐに最低落札価格を決めなくてはいけないので、ちょっと焦りました。だってすぐに最低落札価格なんて決めれないでしょ?情報収集をしてから決めたいのに。

査定士さんはこの場で最低落札金額を決めてほしいと言われたので、私は「今この場で決めなくてはいけないのであれば100万円でお願いします。」と伝えました。

強気の100万円w

すると査定士さんは

100万円ですか!?

ちょっと本部に確認します。。。

私は安易に最低落札額を決めたくなかったんですね。だって、安く車を売りたくないんだもん。

自分の場合は他社にも査定依頼をしており、その金額が出たうえで考えたかったんですね。さらに最低落札価格を高く設定していればどこまで入札が入るかわかるし、それを見て最高入札した業者と交渉すればいいかなと思っていたんですが、結局、本部からの連絡で最低落札価格100万円ではオークション出品NGがでました。

こんな感じで査定は終了しました。ここまで体験した私がカープライスのデメリットをまとめてみますね。

無料査定の評価

デメリット

私が感じたカープライスのダメなところは4つ

  1. 車を売る予定が無いと無料査定さえ受けれない
  2. 査定の結果がよくわからなかった
  3. 査定後にすぐに最低落札価格を決めなきゃいけない
  4. オークション形式なのではっきりした査定額が出ない

車を売る予定が無いと無料査定さえ受けれない

まず、車の売却予定が無い場合は無料査定すらしてくれません。電話でオークション相場を教えてもらえますがランクルの例でも分かるように金額の幅が広くアテにならないんです。もっと幅広く査定を実施してもいいんじゃ?って個人的には思うんですが「売る気がある人のみ受け入れ」ということですね。

査定の結果がよくわからなかった

次ですが、無料査定後の状況説明がありませんでした。査定員に聞かなかった私も悪いのですが、すぐに最低落札価格の話に持っていかれましたね。ランクルはしっかり査定していましたが、「5点満点中の4点です!オークションに出すといい感じで値段つくと思いますよ。」とか「このフレームの歪みが気になりましたね。」とか、そういった査定した結果報告欲しかったな。。。

査定後にすぐに最低落札価格を決めなきゃいけない

そして査定後にすぐに最低落札額を決めなきゃいけない雰囲気でした。「いくらなら売りますか?出来れば今日中に決めてください。」みたいな。相場観が分らない人には結構プレッシャーだと思いますよ。カープライスさんから最低落札価格の提示がされますがその価格が妥当なのかも一般の人にはわからないですからね。

オークション形式なのではっきりした査定額が出ない

そして無料査定をやってみても、結局いくらで売れるかはオークションに出してみないとわからないと言う事ですね。従来の買取店でしたら「50万円までらな何とか出しますんで決めてください!」みたいなキッチリとした金額が出るんですが、オークション形式だときっちり金額出せないんですね。

と言う事で、「車を買い替えしようかな?今の車いくらになるかな~?」くらいの人やハッキリとした買取価格を聞いて決めたいって人はカープライスはオススメできません。ハッキリ言って一括査定の方がオススメです。

一括査定は登録をすると「査定させてください」と一斉に各買取店から連絡が来るわずらわしさはありますが、買い取り額をハッキリ聞けるのでイイです。各買取店が競合となりますので買取金額が上がっていくメリットもあります。交渉上手な人には一括査定オススメです。

私がオススメする一括査定はこちら

 

またカープライスと同じオークション形式の車買取店「ユーカーパック」もチェックしてみてください。こちらも私は体験済みですが最低落札価格150万円にしてオークション出品OKでした。その時のユーカーパック体験談の記事はこちら。無料査定→オークションまでは時間が少しかかりますが高額な入札が実際にありましたのでオススメできます。

ユーカーパックはもちろん無料査定ですしオークション成約後も全て無料です。時間に余裕がある人にはオススメの買取店です。

私がオススメするユーカーパックはこちら

 

カープライスのデメリットをまとめました。でもね悪い所だけではないんです。ちゃんとカープライスのメリットもあります。というより各買取店に特徴がありますから自分に合ったところを選ぶことをお勧めしたいです。

次はカープライスを体験して感じたメリットをまとめてみます。そしてカープライスはいったいどんな人にオススメのサービスなのかをハッキリさせますね。

メリット

私が感じたカープライスのメリットは4つ

  1. 迅速な対応
  2. 電話・査定は1社のみ
  3. ローンが残っていても売れる
  4. 高く売れる

迅速な対応

とにかく迅速な対応っていうのは感じました。申し込みをしてからすぐに電話がかかってきて相場を教えてくれます。そしてその翌日には無料査定の日程調整をしてくれすぐに査定してくれました。この辺はさすがに早い!

査定が終わり「最低落札価格」の決定さえすれば、最速で査定実施日の翌日にはオークション出品できるとのことでした。デメリットでも挙げましたが、売る気満々で売りたい金額が決まっていればスピーディーに進んでいくので、すぐに売りたい人はカープライスはオススメできますね。

電話・査定は1社のみ

カープライスに参加する業者は900社もいますが、それを取りまとめているのがカープライス。査定・オークション出品・売却後の手続きなど全てカープライスが行うのでやり取りはカープライス1社のみですから煩わしさはありません。

何度も何度も電話でのやり取りをする必要もありませんので、面倒だって思たことはありませんでした。

ローンが残っていても売れる

通常、車のローンが残っている場合は車を売却することが出来ません。車の所有者がローン会社になっている場合がほとんどですから、実質あなたの所有する車ではないってことなんですよね。

この状態を解消するにはローン残金を全て払って所有権を自分にする必要があるんです。でもそれって金銭的に結構大変ですよね。

カープライスの場合はこういったローンが残った状況でも車を売却することが可能です。

面倒な残債処理のお手続きを弊社で代行させて頂きます。

残債がお支払金額を下回る場合
・弊社お支払金額から残債を差し引き、弊社からローン会社へ残債をお支払いいたします。残りの金額をお客様へお支払い致します。

残債がお支払金額を上回る場合
・弊社お支払金額を上回った差額分をお客様からローン会社へご返済頂き、その後弊社より残りの残債をローン会社へお支払い致します。

引用:カープライスHPより

車の売却した金額でローン残金を相殺してくれるってことです。手元にローン残金を支払えるお金がない場合にはこういったサービスはありがたいですね。

また面倒な書類の手続きもカープライスさんにすべて任せられるのでユーザーの負担がありません。

高く売れる

みなさんが1番気にされることでしょうか?

「結局カープライスって高く売れるの?」

私が結論を言いますと、我々車屋が参加するような業者オークション並の金額が付いて高く売れます。

今回の私のランクルで結果が出ていますのでまとめてみます。

まずおさらいですが、私のランクルの業者オークションでの相場は40万円~50万円です。そして私が仮にこの車を下取りをする場合の下取り額は30万円以下です。

これを踏まえて、今回カープライスさんが提示してくれた最低落札金額は52万円。もちろんここまでの金額が入札されるかは誰にもわかりませんが、車屋の私からすれば「イイ線言ってくるな!」っていう印象です。

欲しいと思う業者さんが2社居れば52万円の金額を超えて売り切り合図が付けばここからグングン金額が跳ね上がる可能性は十分にあります。

この事から、カープライスのオークションシステムは下取りよりはるかに高く売れ、業者オークション並に売れる!という結論です。

カープライスがオススメな人

デメリットとメリットを合わせて考えるとカープライスをオススメする人はこんな人たちです。

  1. なるべく早くて車を売却したい人
  2. 1円でも高く売却したい人
  3. 下取り額が安く提示されている人
  4. ローンが残っているけど売却したい人

上記当てはまる方はぜひカープライスで高く車を売っちゃってください。カープライスでの車の売却はとりあえず上記までの最低を実施です。簡単でしょ?まずは下記の公式HPから車の情報を入力してください。

 

カープライスの無料査定を受けてみる

オークション出品

では実際にカープライスのオークションってどんな感じなの?って気になりますよね。私は実際にカープライスのオークションには参加しませんでしたが、動画がありましたので参考にしてみてください。

カープライスのオークションは5分間で終了します。

「えっ?5分って短くない?」って思われるかと思いますが、業者オークションでは1分かからないくらいで終了してしましますので決して短い感じではないんですよ。

あらかじめ出品車両のリストが出ている年式や距離、写真などをオークションへ参加する業者さんはしっかりチェックしています。オークションでの入札価格などもあらかじめ決めてますのでオークション自体は短い時間でOKなんですよね。

ウリキリ(最低落札価格)

オークションで重要なのがウリキリ(最低落札価格)です。ユーザーが「この価格以上なら売っていいよ」という意思表示価格ですが、競りの最中にウリキリ金額を超えると業者さん側に分かるようになっています。

ウリキリが付くと業者さんはこの金額で落札できる!と思う瞬間です。出品車を狙っている業者さんが複数いる場合はここから競りあがるんです。

なのでウリキリの設定金額は極端に高く設定してしまうと入札業者に「この車高いな」って思われてしまい入札が伸びないので、車を高く売るにはウリキリの価格設定は重要になっています。

しかし一般の方はこのウリキリ価格を決めるのは結構難しいです。高く売りたい場合はウリキリ価格を高く設定したくなるからですね。この辺の見極め(価格設定)は超絶重要なのであなたの車の過去の相場をカープライスさんとしっかり打ち合わせをして決めてくださいね。

今回のランクルの件で見てみると、オークション相場50万円前後に対してカープライスのウリキリ額提案では52万円でした。なかなかイイ設定金額だと思いましたね。52万円は下回らないし、競りあがると60万円くらいまでいくのでベストなウリキリ価格だと感じました。

評判は?

さてカープライスの無料査定からオークション出品まで体験談を交えて説明してきましたが、私のほかに体験した方はどんな評判なんでしょうね?口コミを集めてみましたので見てみましょう。

情報収集に活用したのは車買取の総合サイト、5ch(2ch)、Yahoo知恵袋など様々なサイトを見てまとめてみました。

数ある買取店のなかではやはりオークション型の買取店が一番高く売れました

 

書類の対応などがスムーズで不安はありませんでした。

 

店舗が少ないのが不満だが実際に売れた金額は満足している

ネットサーフィンしましたが満足されている方が多いのが印象でした。特に売れた金額が高い!って感想が多かったですね。やはり中間に業者が入らないだけでぐっと金額が上がりますからね。

俺らみたいな中古車屋!どんだけ抜いてんだよ!て感じです。(笑

まとめ

無料査定の体験談をもとにカープライスのメリットやデメリットをお伝えしましたがどうでしたか?オークション形式の買取店はやはり高額に売れる可能性が大でしたね。

自分も一通り他社の査定をおえましたら、業者オークションではなく買取店のオークションに出品して売却しようかと思います。

今まさに下取り額を提示されていて「安いな。もう少し高く・・・」って思われている方などはぜひカープライスを活用してくださいね。

売る店一つで数十万円違うなんてこともありますので、売った後に後悔しないように複数の業者をチェックしてどこが1番高く売れるかをリサーチしてくださいね。

あなたのカーライフで数十万円も損をしないように、3円安いガソリンスタンドを気にするより、車を売却するお店をちゃんと気にしてくださいね。

 

カープライスの無料査定を受けてみる

まだ「一括査定」してるの?オークション形式で高額査定ゲット!

詳細ページ公式ページ