故障事例、トラブル

BMWミニR56のエンジン不調!チェックランプ点灯でイグニッションコイル交換

エンジン不調のため「走行するのが怖い」ということでレッカーで運ばれてきました。

BMWミニ

ABA-ME14

21年式

5万キロ

症状は?

入庫時の症状は

  • アイドリング不安定
  • ふけ上がりが悪い
  • チェックエンジンランプ点灯

自動車整備士であれば「1発死んでるっぽいな」「イグニッションコイルかな」ってわかるくらいの症状です。

故障診断

チェックエンジンランプが点灯しているので診断機で確認してみます。

 

1番シリンダーでミスファイヤーをしているってことですね。

それではイグニッションコイルなのか、スパークプラグ不良なのか、燃料系なのかまだわかりませんので、一番怪しいイグニッションコイル不良かどうかを判断します。

方法は1番と2番のイグニッションコイルを入れ替えるという方法です。

結果はご覧のとおり不良の内容が1番から2番へ変わりましたので、イグニッションコイル不良が確定しました。

 

イグニッションコイル、スパークプラグの交換

今回はイグニッションコイルだけではなく、スパークプラグの交換もします。

イグニッションコイルは社外品が安価に仕入れれます。

スパークプラグは部品商にお願いしました。

壊れたコイルだけではなく今後また他のコイルがいつダメになるかわからないので4つ全て交換します。

 

 

 

車両に装着されていたプラグで両面イリジウムタイプの長寿命です。

今回はイグニッションコイルが壊れましたので念のため交換時期ではありませんが交換することとしました。

 

 

部品商に取り寄せてもらったプラグです。

 

 

あれっ???

外側の電極イリジウムじゃなくないか???

片側イリジウムの長寿命じゃないヤツ???

 

って思ったんで調べてみました。

部品商が用意した新しいプラグはボッシュ製なんですが品番から調べると・・・

「ダブルプラチナ」っていうらしく、ちゃんと長寿命のプラグでした。

 

見た目じゃわからないんですね。

勉強になりました。

 

さて余談をはさみましたが交換です。

この車に適合するプラグはなんと12角になっています。

BMWではこのプラグを採用している車種が多いらしいですが、手持ちに12角のプラグレンチが無いので12角のディープソケットでプラグを緩め磁石でプラグを抜き取りました。

イグニッションコイルは抜くだけで交換できます。

修理費用

気になる修理費用です。

スパークプラグ 1900×4

¥7600

イグニッションコイル 6500×4

¥26000

診断料(交換工賃含む) ¥5100
合計 ¥38700

※税抜価格

まとめ

エンジン不調になると怖いですよね。

イグニッションコイルが1つダメになっただけでものすごくエンジンが不調になります。

実際お客様は乗るのが怖いからと言って自動車保険についているロードサービスを使いレッカーにて弊社修理工場まで運ばれてきました。

こういったトラブルでも対応してくれるので最近の自動車保険は助かります。

強い味方です。そしてそのまま乗ることなくロードサービスを頼んだお客様の判断もよかったと思います。自動車保険についているロードサービスはほとんどのところが無料ですのでトラブル時には無理をせずにロードサービスを活用してくださいね。

 

自動車保険の話が出たのでついでにお話ししますが、自動車保険って見直しされてますか?毎年の保険料が高いって思っている人は見直ししてみるといいですよ。

 

私も1度使ったことがありますが自動車保険には一括査定があるんです。

私が実際に頼んだ自動車保険一括サイトの記事

 

私はここでかなり安い価格を提示されましたからオススメします。必要事項を登録すると概算見積りのメールが数社からくるだけです。電話もかかってきません。

自動車保険の一括サイトはこちら

 

さて今回のトラブルですが4万円とそこそこの修理金額でしたね。ミニオーナーには知っておいてほしいその他のトラブルをまとめた記事がありますのでご覧ください。

あわせて読みたい
【R56】BMWミニの定番故障事例!トラブルにかかる費用は?BMWミニ(R56)のよくある定番の故障ってなんだ? 故障した箇所を修理するのにはどのくらいの費用がかかるの? など...
まだ「一括査定」してるの?オークション形式で高額査定ゲット!

詳細ページ公式ページ