その他

【年収公開】自動車整備士の給料は安い!?転職必至!?

今日は自動車整備士の給料や薄給にともなう転職について考えてみる。これから自動車整備士を目指したい方や現役整備士の方の参考になればと思っています。

またこの記事では私の年収を公開しています。整備士の給料ってどんなものなの?って思われている方は必見です。

現役自動車整備士の給料はいくら?

私(当ブログ管理人)を例に挙げてリアルな給料を見てみよう!

その前に私が勤める整備工場や雇用形態について書いていきます。

基本的なことなんですが、私(当ブログ管理人)は自動車整備工場を経営しているわけではありません。自動車整備士として雇われています。従業員であるために普通の会社員です。

当整備工場情報

従業員:4人

主な業務内容:自動車販売、車検、点検整備、自動車保険

残業:完全なし

休日:日曜日、祝日、年末年始、GW、夏季休暇

待遇:賞与年2回、退職金制度あり、住宅手当、社会保険、厚生年金

こんな感じでこじんまりとやっているわけですが社会保険だったり厚生年金だったりと社員を考えてくれる会社なんです。会社のある地域は田舎で昔からあるような町の整備工場って感じですかね。

 

そして私(当ブログ管理人)の情報

年齢:40代

家族構成:既婚(子供2人)

勤続年数:16年

資格:2級ガソリン自動車整備士

以前は車メーカーで働いていましたが縁があり今の整備工場で働いています。

さてこんな私ですがいくら給料をもらっているんでしょうか?。

みなさんが気になる私のお給料は

月の手取りで約27万円、税金等を引かれない年収で言うと500万円になります

(ボーナスが40万円(額面)×2)

おそらく全国の平均所得でみると40代でのこの給料は安いのでしょうが、個人が経営する小さな整備工場としてはそこそこいい給料をもらっているんだと思います。

年代別の平均年収

20代の年収が420万円
30代の年収が482万円
40代の年収が612万円
50代の年収が673万円
60代の年収が445万円

引用元:平均年収.jp

私の会社は残業が無く毎日8時間労働で長期連休も毎回大企業並みにあります。

仕事自体もセカセカとするわけでもなくのんびりマイペースで出来ちゃいます。そんな環境ですので給料はある程度、満足をしているんですよね。

 

しかし私の給料はおそらく今後上がることはなく下がる一方でしょう。先が見えちゃってるからモチベーションが上がらないのは確かにあります。

贅沢なことをいうと、毎年少しでも昇給するような職業がいいと思いますね。モチベーションを保てない。

さてこんな私の給料でしたが、私よりもたくさんもらっている方はたくさん居るんでしょうね。(経営者を除く)

そして逆にめちゃめちゃ安い給料の方もいるでしょう。(こっちの方が多い?)他の自動車整備士の給料ってどんなもんなんでしょうね!?ちょっと調べてみました。

自動車整備士の給料は安い?高い?

他の自動車整備士の給料なんかも気になりますよね?

ネットで調べると恐ろしい結果が!

 

1級自動車整備士のこの方は手取りで12万円ほどですね・・・。

 

 

 

 

これを見ると

自動車整備士はめちゃめちゃ給料安いです!

こんな感じで生活できないでしょ?って思っちゃう人がいらっしゃるのも現実です!

年齢や勤続年数がわからない人もいるんでなんともいえませんが・・・。

って

手取りで10万円とか年齢や勤続年数は関係ないか!

ということで

私の場合は単純にラッキーなだけですね。

繰り返しますが
実際の自動車整備士の給料はくっそ安いです!

ディーラーの自動車整備士でも給料は安い?

先ほどの例を見てもわかるようにディーラーに勤めていても給料が安い方はいらっしゃいましたね。

ディーラー勤めでも町の整備士でもさほど変わらないかもしれません。

ただ会社によってはサービス残業が当たりまえな会社もいまだにあるようです。

いわゆるブラックな会社!

ディーラーではサービス残業はほとんどないのではないでしょうか!?

自動車メーカーの看板を背負っているわけですから残業代はきっちりつけてくれるでしょう。

近所の某ディーラーの繁忙期は夜中の12時までやっているところもありましたから、1日の残業時間も5~6時間はあったのではと推測しています。

それが20日も続けば結構な金額になりそうですが、身体も壊しそうですね。

残業がたくさんある月とそうではない月もあるわけだし、そもそも残業頼みっていうのもつらいところ。

基本給がしっかりしているのが望ましいですよね。

自動車整備士が儲かるためには?

では自動車整備士が儲かるためにはどうすればいいんでしょう?

個人的に思う事なんですけど、結局「車屋を経営するしかない」と思うんですよね

経営者としてのメリットはたくさんあります。

  • 雑用をやらなくていい
  • 会社の経費である程度好きなお金の使い方が出来る
  • 自由な時間ができる
  • 売り上げが伸びれば給料が増える

まだまだありますがこれは経営自体がうまくいってる時の話です。

しかし

実際はかなり厳しいのが現実。

経営者のデメリット

  • 毎月安定した利益を出さなきゃいけない
  • 多額の借金を背負うリスク
  • 多額の開業資金がいる

従業員が要れば覚悟を持って仕事に取り組まなきゃいけないし、何よりたくさんの固定客を持っている必要がある。

また車屋を開業するにはハードルが結構高いっす。

古物商や自動車整備士などの資格を持っていることは前提だが、認証工場になるためには設備投資が必要だ。

作業場には決まった広さが必要で排ガステスター、コンプレッサーなど高額な工具類も必要です。

詳しくはこちらを見てください。

自動車整備工場を経営するには

 

車検整備を行う車屋を経営するにはかなりの経費が掛かる

  • 賃貸で場所を借りる
  • 従業員の給料
  • 運転資金(新車、中古車、部品の仕入)

と言う事で何が言いたいのかというと

貯蓄なし薄給の自動車整備士が0からのスタートで車屋の開業は無理です。

自動車整備士はオススメの職業?

さてこんな感じでネガティブなことばかり書いてきましたがこれが自動車整備士の現実です!笑

自動車整備士を目指そうとしてこの記事を読んでいる若者や、すでに自動車整備士の職に就いて薄給を嘆いている若者が居たらこう言葉をかけたいです

 

車の整備士はやめときな!給料くっそ安いぞ!って

 

上記のような悲惨な給料でどうやって結婚して家族を養っていくんでしょう!?

現実を見た方がイイです。

車がいじるのが好きでしょうがない!っていうのも解りますが、まず安定した給料をもらうのが先決じゃないか?

車いじりは趣味でもできるし、趣味の範囲でやるのが楽しいんですよ。

車いじりが仕事になった途端つまらなくなる。

そういうもんです。

 

また奴隷のような給料で働いている現役の整備士は今すぐに転職を考えたほうがいいですね。

いつまでもだらだらと今の仕事を続けても給料が急に上がることはほとんどないと思いますからね。転職は早いにこしたことがありません。

整備士からの転職

今すぐ自動車整備士を辞めた方がイイ!

なんて無責任なことを言いましたが、そうはいってもすぐに次の仕事が思いつくわけでもありませんし、ハローワークに行く時間すらないわ!って感じだと思います。

 

まー

今はネットで求人検索できますからその気になれば出来るわけですよ。

転職の情報はハローワークだけじゃないですし。

例えば整備士専門の転職サイトなんていうのもあります。

自動車整備士WORK

こんなところを活用して探すのもいいですね。

 

さて自分が薄給自動車整備士だったらどうするか考えてみました。

工場勤務

自分の周りには工場勤務の方がとにかく多いんです。工場が周りに多いからね。自分もこの工場勤務は経験があります。

 

そして友人たちの給料を聞くとビックリするくらいもらってるんですよね。

高卒で勤続18年30代で年収800万円とか。

中途採用、勤続10年で年収650万円とか。

これは大企業ではなく大企業の子会社の子会社って感じのとこです。

夜勤とか残業もありますけど、夜勤の週はサーフィンしたり釣りしたりとそれなりに楽しんでいますから慣れればそれもありですね。

なんといっても魅力的なのはそこそこの安定と平均以上の給料ですよね。

 

工場の多くはモノづくりです。

金属加工の機械を使いこなし、細かい作業があったりするでしょう。また基本的には同じ作業の繰り返し。10年くらい働いて1ランク上の「班長」とか呼ばれるくらいまで昇格したら流れ作業からは外れますけどね。

工場で働くメリット

  • 決まった時間に始まって決まった時間に終わる
  • 残業はきっちりつく
  • 給料、ボーナスも期待できる
  • 有給がある
  • 福利厚生が整っている
  • 学歴や資格があまり関係ない

工場で働くデメリット

  • 人間関係が複雑
  • 同じ作業の繰り返し
  • 成績優秀でもすぐに評価されない

 

割り切って作業できる人ならば工場勤務は給料もいいのでアリですよね。

人によって工場勤務には向き不向きがあると思いますのでその辺は見極めましょう。

月収330,000円 〜

【月給】230,000円~
【月収例】330,000円(月給+各種手当)
・寮費無料
・入社祝い金10万円支給
・慰労金10万円支給

こんなとこもあったり

 

工場専門の転職サイト

↓↓↓

工場ハウス

エンジニア

工業高校をでた!なんて人はエンジニアをオススメしたい。

エンジニアと言ってもいろいろありますがここでは主に機械系、電気系などの製造業での就職だ。

自動車に関わる仕事がしたい!とかものを作る(設計)仕事がしたい!なんて人はオススメのサイトがあります。

ものづくりエンジニア

内定先は誰もが聞いたことのある大企業なんかもあったりしちゃいます。

非公開求人が多数あるので登録して探してみてください。

年収300万円の現役整備士はビックリするくらいの年収アップが期待できるかもしれませんよ!

その他

個人的に面白いと思ったのはゲーム系

今やスマホでのゲームは若者だけにとどまらず主婦や一般の会社員も普通にやっていますからね。

市場規模は昔に比べて拡大していることは容易に想像できますし、将来性のある分野です。

診断機好きの自動車整備士には向いてるかもね。

web・ゲーム業界に特化した就職サイト

アールストーン

自動車整備士への転職

でもやっぱり整備士がイイですよね。

「今さら他の仕事なんてできないよ」とか「車の整備する仕事は好きなんだけど、給料が・・・。同僚と合わないし・・・」って人がほとんどじゃないでしょうか?

そんな方にはやはり先ほど紹介した転職サイトで自動車整備士の求人を探してみてはどうだろう?

自動車整備士WORK

この「自動車整備士WORK」は地域密着型、自動車整備士求人に特化した転職サイトなので大手に載らないような案件がある。

給料が激安」とか「鬼の残業で精根尽きている」なんて人は今すぐ求人サイトの登録を勧めます。というのも、自動車整備士の求人で待遇良い所ってすぐに埋まっちゃうんですよね。ある程度アンテナを張っていないとイイ求人を見落としてしまう。

そうならないためにも登録だけしておいて、求人のチェックだけでもしておいた方がイイ。本気で転職を考えたときに行動したって遅いですよ。

また給料が安いけど転職までは考えていないって人も、他の整備士はどのくらい給料もらえるのかが分かりますからそういったリサーチにも役立ちます。

私の給料は冒頭公開しましたが、年収500万円で月に6日以上の休日があります。また有給ってものはあるのか無いのかわかりませんが、年間で4日くらいは所要で休みをもらっています。

この待遇がうらやましいと感じたなら転職も視野に入れるべきですね。あなたの住んでいる近くにもイイ自動車整備工場があるかもしれません。

自動車整備士WORKの登録はこちら

自動車整備士の今後

現在の自動車整備は昔と比べると車の調整などの必要性が無くなりました。おかげで整備士自体のスキルが無くても出来るものが増えてきたようにも思います。

これは国家資格である自動車整備士の資格の意義が薄れているってことなんですよね。

誰でもできちゃうから。

 

またガソリンエンジンからハイブリット車へ移行しつつありますが、ブレーキパッドは減らずタイミングベルトの交換もない、ファンベルトも付いていないなんて感じですので自動車整備自体の必要性がなくなってきているのも事実です。

今後はハイブリットエンジンから電気自動車などの移行が考えられますのでガソリンエンジンの整備士が要らなくなるっていう可能性もあります。

要は車検整備や点検整備では今後車屋は儲からない時代になるってことですよ。

今は車検の制度がある限りは町の車屋も潰れずに済みますけど電気自動車に切り替わる時代になるとそれも解りませんよね。

電気自動車が全く不具合が無いのか?

と言われるとそうではないので、なにかしらの整備は必要なんでしょうけど今よりは自動車整備士は必要ないかなって思うわけです。

ガソリンエンジンの整備士ではなくまた別の資格が必要になってくる可能性もありますよね。残念なことに将来性が薄い職業だと個人的には思っています。

自動車整備士になりたい!って思ってる人や、安月給で自動車整備士をしている人に今一度考えてもらうためにこんなネガティブな記事を書いてみました。

まだ「一括査定」してるの?オークション形式で高額査定ゲット!

詳細ページ公式ページ