【GP1】フィットハイブリットHMMF交換方法

車種情報

DAA-GP1

ホンダ フィットHV

H23年式 8万キロ

フィットハブリットのメンテナンス表示が点灯したのでHMMFを交換します。

ここではHMMFの交換作業を紹介します。

メンテナンスリセットはこちらの記事です。

メーターのインジゲータに「メンテナンスしてください HMMF」と表示が出ます。これはHMMFの交換を促すメンテナンス表示ですのでHMMFを交...

GD1フィットのHMMFの交換はこちらの記事です。

今回の車種情報 LA-GB1 ホンダ モビリオ H14年式 7万キロ 今回はホンダモビリオのHMMFを交換しますが、...

HMMFとは

HMMFとはホンダ・マルチ・マチック・フルードの略でいわゆるCVTオイル、トランスミッションオイルのことです。こちらも定期的な交換が必要なオイルです。38000キロで表示灯が点灯して交換を促します。40000キロを過ぎると交換時期が過ぎていますと表示されるのでメーカーは40000万キロごとの交換を推奨していることになりますね。

HMMFの交換

アンダーカバーの左側のサービスホールを外します。

ドレンボルトの頭は四角なのでラチェットをそのまま差し込んで緩めます。

オイルレベルゲージを軽く抜いておけばHMMFがスムーズに出ます。

約40000キロ走行で一見キレイですが。

ドレンボルトはスラッジが結構付いています。

HMMFを抜き終えたらオイルレベルゲージの穴からオイルを入れます。

必ずHMMFを使用してください!

規定量は2.8リットルです!

最後にレベルゲージでオイル量をチェックして終了です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする