車の業者オークションの仕組み!購入は安い?売る時は高く売れる?

車の業者オークションは中古車オークション、オートオークションとも呼ばれ、全国の車の販売や下取り、買い取りを行う業者が車の売買を行うところです。

業者はお客様に頼まれたり、店頭に並べたい車がある場合、商品(車)をオークションで買い付けます。また下取りや買い取りした車を売却したいときにオークションで車を売ります。

こういった場を提供しているのが中古自動車のオークション運営をしている会社となります。

あなたが少しでも車を高く売りたいとか少しでも車を安く買いたいととか程度のいい車が欲しいとか思っているのであればこのオークションのシステムを少し理解すれば役に立つかもしれません。

中古車のオークションの仕組み

今回は弊社が参加させていただいているUSS(オークション運営会社)を基準に話を進めますが基本的にはどこのオートオークションでも同じと考えていいでしょう。ちなみにこのUSSは全国17会場あり最大規模のオークションです。

出典:日刊自動車新聞

車を売りたい業者がオークションに出品します。(出品手数料を支払い、成約時には成約手数料を支払う)

USS(オークション運営会社)が競りにかけます。

車を仕入れたい業者がオークションで落札します。(落札時に落札手数料を支払う)

いたってシンプルな仕組みです。また近年ではインターネットを使ったり衛星端末機を使用したりして自店やネット環境があるところであればオークション会場に行かなくてもオークションに参加できるシステムとなっています。これによりより多くの人がオークションに参加できるので相場はより安定しているといえるでしょう。

個人で業者オークションに参加できるのか?

当然と言えば当然ですが一般の人はこのオークションには参加できません。USSの参加条件は以下のものです。

■古物商許可証を受けてから1年以上を経過していること
■常設の展示場と事務所を有し、営業活動をされていること
■連帯保証人をご用意いただけること
■保証金10万円を預託いただけること

引用元:USS – Used Car System Solutions

スーパーで1000円で売っている魚があるとして高いからといって一般の人が魚の市場へ行って競りに参加することはないですよね?それと一緒です。

このことからオークションで安く車の購入を考えている方はオークションの代行業者を利用したり、ヤフオクなどの個人売のオークションを利用するほかないのが実情です。

中古車オークションの流れ

全国にあるオークション会場では1週間に1度オークション(競り)が開かれますがその開催日は会場によって異なります。また出品台数も会場によって異なりますが多い時には1日で1万台以上の取引があることもあります。実に数十秒に1台取引されています。

出品車

出品車はオークション開催日の前日午前中までにオークション会場へ搬入されUSSの検査員によって車を評価されます。その後データベースに写真とともに車両データが登録され全国のバイヤーたちが閲覧できるようになります。

出品車は一般のユーザーから下取りした車や自社で代車として使用していた車、ディーラーなどからは登録しただけの車(新古車)や試乗車なども出品されます。ボロボロの車や事故車も出品されます。出品者側は少しでも高く売りたいので高く売れるように様々な工夫をします。たとえば車の外装を綺麗に見せるためにピカピカに磨いてくる、内装はクリーニングするとかは当たり前のことですが、不具合があるところを一時的に直してから出品する場合もあります。業者同士(プロ同士)のだまし合いになることが日常茶飯事ということです。

実際の出品表はこちらです。

赤丸は総合の評価点と内装の評価点。総合的な評価点で新車はS点、6点となりますので、この車は内装は最高のA、評価点5点と言う事で中古車としては極上車となります。

バンパーに小キズ、その他の報告等がこちらに書かれます。

出品車両の評価とは

「USSの検査員が評価しますがその車両に対しての総合評価を10段階で評価するとともに内装の具合や外観のキズや凹み事故歴などもしっかり評価されていきます。」

というのは結構建て前的なことです。各会場などによって評価の点数がバラバラだったり、検査院の見落としなどがあるのも事実です。買う側はその辺を加味してしっかりと現車チェックを行い経験と勘で買い付けを行わなければなりません。

データベースとは

オークション会員専用のサイトがありそこから全国の出品車両のチェックができるようになっています。写真付画像で欲しい車の評価点や内外装の程度、走行距離やグレードなどなど詳しい情報が見れます。また過去のデータから同じ年式やグレードなどの車の落札額も情報として見れるのでおおよその相場がわかるようになっています。

出品者側の値段設定

出品者側は出品車両のスタート価格や希望落札価格を設定できます。単純に下取り100万円の車を90万円で売ってしまったら赤字になっちゃいますからね。

買い手側(バイヤー)

買い手側は中古車の下見や相場チェックが重要になってきます。

買い手側の下準備(リストチェック)

買い手側(バイヤー)は事前にデータベースで出品車両のリストをチェックし購入予定の車両をリストアップします。車の詳細は出品表を見ます。この時相場をあらかじめチェックし、どのくらいの金額で購入出来て実際の乗り出しまでいくらくらいかかるのか計算することも重要です。お客さんから「プリウスを乗り出し200万円で買いたい!」などの依頼もあるため、かかる経費をあらかじめ計算し逆算してプリウスの仕入れにいくらまで出せるかを把握しておかなければなりません。

現車確認

オークション開催日にその対象車両の下見をしっかりします。現車チェックでは外内装のキズや汚れのほかに各部の機能チェック、エンジン廻りチェックなど細かく見ます。先ほども言ったように出品車両はだまし合いなのでここではバイヤーは腕の見せ所でもありますね。もちろん重大な欠陥があった場合には後日クレームとして受け付けてくれます。

競り

実際の競りは数十秒で終わってします。あっけないものです。数百万円の取引が数十秒ごとに次々に落札されていきます。

会場での競りは大きなモニターに出品車両が表示され「スタート」の合図で始まります。買い手側(バイヤー)は落札までボタンを押しますがボタンを押すたびに数千円づつ上がっていく仕組みです。この金額は出品されるコーナーによって変わります。比較的程度のイイ車が集まる「ワンオーナー」というコーナーであればワンプッシュ5千円で「事故車」コーナーであればワンプッシュ3千円とか言うようになります。

ある程度まで金額が競りあがると出品店側が売った!という意思表示の「売り切り」というサインが出ます。これは競りが流れることなく確実に売買が成立しますので買い手側も慎重にボタンを押していく瞬間です。逆に買い手側の人数があまりいないとか高値がつかないと判断されると今回は競りは取りやめという意味で「流れ」と言う事もあります。

出品者側は無事に出品車が落札されたら落札価格から出品料と成約手数料を差し引かれた金額がUSS(オークション運営会社)から支払われます。

落札側は落札額と消費税、落札手数料を支払います。後日車検証などの書類が送られてきます。

一般ユーザー目線での中古車オークション

ここまで業者オークションがどんなものでどんな流れなのか少し理解できたと思うが、ここからはお金の話を書いていこうと思う。オークションへ出品することを前提とした下取りやオークションで落札した車両がいくらくらいで販売されるかを書いていく。

オークションの相場と下取り額(売る時)

車屋として下取り額を決めるのが一番難しい事ではないかと思う。安すぎる提示額だとお客さんを逃がしてしまうし、高い提示額だと赤字になるリスクがある。

車屋はオークション相場をもとに下取り額を決めている。オークション相場とはいわばその車の価値そのもと言っていいだろう。

たとえばオークション相場100万円のプリウスがあったとしよう。ユーザー側は100万円に近い金額でなるべく高く下取りしてもらいたい。逆に下取りをする業者(車屋)は相場100万円のプリウスを100万円で下取りしてしまったら赤字です。経費や利益を考え70万円くらいで下取りを提示するだろう。

では経費とはどんなものがあるか?

  • オークション会場への陸送費
  • 名義変更などの手続き
  • オークションでの出品手数料
  • 動いた分だけの人件費

これだけの経費を考えても結構な金額になりそうだよね?

そこにオークション相場100万円ってことは最悪90万円で落札される可能性だってある。また事故車を見抜けなかったらもっと低い金額になってしまう!その辺を考えると下取り額も高くしてあげられないのが現実だ。逆に110万円で売れることもあるがそれは車屋が余分に儲かるだけで一般のユーザーには関係ない話ってことになる。

利益についても当然考える。車屋をやっている目的は利益を得るためにやっている。これはどの業種でも当然で当たり前のことだ。車屋も魚屋もNPO法人(非営利団体)ではない。整備の技術や車の売買で利益を得てご飯を食べていることを忘れてはいけない。

と言う事で下取り額は思ってた以上にガクンと落ちるわけです。しかしこれはケースバイケースで車の販売と同時に下取りをする場合車の販売でかなり値引きしてある場合や新車販売でそこそこ利益が出ている場合などで下取り額も変わってくるので総合的に見なければ一概に高い安いが言えないと言う事もある。

オークション落札でした車の販売価格(買う時)

ではオークションで落札された車は実際どのくらいの金額で販売されるだろう?オークション代行業者に頼む人は必見だ。

まずオークション会場でプリウスを100万円で落札したとしよう。このまま100万円でプリウスに乗れるのかと言ったら大きな大間違いだ!一般の人は落札額だけをみて安い!と思っちゃうけど実際はここに各種税金や経費、お店の利益分などがガツンと乗ってきます。経費や利益など次の通りです。

  • 消費税
  • 落札手数料
  • 名義変更
  • 自動車税
  • リサイクル料金
  • 自動車取得税
  • オークション会場からの陸送費
  • 車検費用、整備費用
  • 落札から納車まで動いた人の人件費
  • 車屋の利益

以上がかかってくる。車屋から言わせれば当たり前の経費です。しかし税金が多い。

消費税

言わずと知れた消費税です。100万円の車にはH29年3月現在の税率で8万円かかります。

落札手数料

オークション運営会社へ支払う金額です。おおよそ1万円前後ですが一般ユーザーへの請求では人工賃も入れて3万円前後請求する場合もあります。これは車屋によって違います。

名義変更

名義変更にかかる手数料です。車庫証や印紙代、人件費を含めて2万円前後です。

自動車税

これは購入した月や車の種類、排気量によって異なります。
自動車税.infoで月割りの自走車税が調べれます。ちなみにプリウスを4月に購入すると¥36200になりますし3月の購入だと購入時の自動車税の請求はありません。(翌々月に新年度の自動車税の請求が12か月分¥39500の請求が来ます)

リサイクル料金

リサイクル料金とは何かはここで詳細を書くことは控えるが30系のプリウスの場合およそ¥13000となる。

自動車取得税

自動車取得税は新しい中古車を購入するとかかってくる税金だ。これは中古車の年式やグレードなどによって変わってくるため車検証に記載されている情報がわかればこちらで調べればわかります。

自動車取得税検索サービス v1.84 – ヘルム自動車税関連サイト

ハイブリットや電気自動車などは減税措置もあります。

オークション会場からの陸送費

車検が無い車を落札した場合は当然走行できないので積載車などでお店まで運ばないといけないのでその費用だ。これはオークション会場からお店までの距離によって金額が違う。

また車検の有効期限が残っている場合は落札した車両の試乗チェックも兼ねて自走してくる場合もあるがこれもまた人件費として上乗せするケースもある。はっきり言って車屋のさじ加減だ。

車検費用、整備費用

車検切れの場合は当然車検を取ることになるがその費用だ。小型車の場合は15万円前後だろう。車検がある場合でも消耗品をチェックして必要な箇所を整備し悪いところは部品交換をしなければならない。新しく購入した中古車のタイヤがツルツルだったら嫌だよね?販売してからすぐのトラブルが無いように車屋側はきちんと整備するわけだけどその分の経費が販売価格にそのまま乗っかります。当然仕入れた車の状態(程度)によってかかる整備費用が変わってくる。

落札から納車まで動いた人の人件費

これは次にあげる利益と重なるところがあるかもしれないが経費という位置づけできちんと分けて考えることとする。よく中古車を頼まれてオークション会場まで買い付けに行くわけだが、お客さんのリクエストによってはなかなか見つからないこともしばしばあります。そんな時はいつもか通っているオークション会場よりたくさん出品がある会場へ行ったり、やっと希望の車が出品された!なんて場合は遠いオークション会場へ行く時もあるわけだ。会場が遠いと交通費や時間もかかるためもちろん経費もかかる。たまに「わざわざ買いに行ってもらうのが申し訳ない」と言うお客さんもいるが動いた分はしっかりと車両の方へ代金が上乗せされているわけだから申し訳ないも何もない。

車屋の利益

最終的な車両の販売価格は当然これも上乗せされている。これは単純に利益だけではなく保証という観点から上乗せされる意味合いもある。たとえばあなたが中古車を購入してすぐにエンジントラブルになったとしたら当然買ったお店にクレームとして言うだろう。そして無償で直してもらいたい。もちろん売買時の契約にもよるので現状販売で保証はありません!という場合もある。しかし保証付きで販売している場合は販売店側はもちろん無料で直さなければならない。しっかり納車前に整備していてもどうしてもわからない故障はあるものだ。その保証分を考えるとやはり車両販売価格に上乗せする必要があるわけだ。

そしてこの上乗せ分の金額はそれぞれの車屋が自由に設定できる。実に知り合いの外車メインで取り扱うお店では仕入れ価格にプラス100万円は必ず上乗せするらしい。店頭販売で安い価格設定だと逆に怪しまれて売れないそうだ。これは極端な例だがこういったことも事実なので頭に入れておこう。ちなみにこの話はアメ車ですが個人的な感想として買ってはいけない車です。賢く車を買う観点から言うと、買うときに高くて売る時は安い典型的な買ってはいけない車です。100万円上乗せされてるんだから買った次の日に売りたいと思ったら、買い取り額の最高値は購入金額の100万円安く提示されるってことだからね!

ここまでを踏まえて100万円のプリウスをオークションで落札した場合はいったいいくらの乗り出し価格になるのか概算で計算してみる。自動車税と自動車取得税は入れません。

諸経費 車検代 利益 車体価格 支払総額
15万円 15万円 15万円 100万円 145万円

仕入れ価格から45万円も上乗せされています!!!

利益は15万円なのにね。

でもこれが普通です。

車屋のシステムはこういうものです。

やっぱり車を安く買いたい!

安く車を買いたい!と思う方はこういった記事も書いているので参考にしてください。

車屋で働いている現役整備士が車の賢い買い替え方を教えます。 車の賢い買い方 簡単に言えばこうです。 価値のある車を買う。 ...

さてオークションのシステムやお金の流れをここまで理解できてもやっぱり車を安く買いたい!と思うのが人情です。仕入れ価格を見てしまうとその他の経費を払いたくないですからね。

でもよく考えてみてください!

コンビニで150円で売っているジュース。同じものがスーパーでは100円で売っています。と言う事は仕入れ値はもっと安い。仕入れ値は50円くらいだとする。こんな状況でコンビニに行って「仕入れは安いはずだからもっと安く売れよ!」って言いますか?

言わないよね。

車も同じだと自分は考える。

中古車の賢い買い方はまた後日記事にするので省くが、やはり中古車でも価値のある車を買い値下がりをしない車を保有し続け最後に高値で売ることが個人的には賢い買い方だと思う。最初の購入費用は掛かるがその分高く売れると思えるかどうかだろう。

値落ちしない車を買うということは賢く車を買うっていうこと。 値落ちしない車を買うことは一般ユーザーにとって、メリットのあること...

オークションの代行業者に頼む場合やヤフオクなどの個人売も選択としてあるが、保証なし整備なし現状渡してはたして安心安全で乗れるだろうか?特に個人売はトラブルも多いのでオススメしない。

個人的にはしっかり整備された車がいいと思う。そして現車を見て買うのが一番いいのではないか?オークションで人任せで買うのは悪いとは言えないがよっぽどの信頼が必要になってくる。買い付け後のキャンセルはほぼきかないからね。

しかし狙い目の中古車屋だって存在しないわけではない。薄利多売をしている所がズバリねらい目だ。月に1台しか売れない中古車屋より月に50台の売れている中古車屋の方が販売車自体にのっかている利益が薄い可能性があるからだ。やはり店頭に台数を並べてあるところは狙い目かもしれない。在庫を常に多く持っていて実際に見れるところがやっぱりいいです。

なびくる+

とか

ガリバー

とかでみてみるのがイイでしょうか。

やっぱり車を高く売りたい!

さて売る場合はどうだろう?

これはオークションの代行業者に頼むのも多少のデメリットもあるがありです!代行業者の手数料として決まった金額を支払えば業者オークションへ出品してくれるでしょう。

そして高く売るには車をピカピカにしてくださいね!自分ですることで余分な経費が掛かりませんから!

ただデメリットもあります。オークション落札がいくらになるのかは競りなのでわからないと言う事。だいたいの相場はわかりますが時期や車の程度によってはなかなか希望額までいかず流れるって可能性もあります。1度流れると1週間後の競りになりますが出品料などもまたかかるため経費がまた掛かります。なので代行業者は多少安くても売っちゃうって事もあるってこと。少しリスキーな感じですね。

そこでオススメの買取査定はオークション形式の「ユーカーパック」

ユーカーパックの公式サイトはこちら

↓↓↓

車の買い取り査定サービス

一見よくある買取査定だけどそのシステムがおもしろい。最大で2000社の買い取り業者から金額提示をされるのだけど

買取店同士がお互いの提示金額を閲覧できるのでその間で競争力が働き、より高額で車を売却する事が可能に!

ってことはオークションと一緒じゃん!って感じです。最近の車の買取のシステムも変わりましたね。

こちらは一括査定で最大10社から査定額を提示してもらえます。
交渉好きな方はこちらがいいかもしれません。

一括査定はこちら

↓↓↓

かんたん車査定ガイド

当たり前だけど2社とも査定は無料です。

以上長かったですが読んでくださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする