【RF3】ステップワゴンエンジン不調!アイドリングしない

LA-RF3

ホンダ ステップワゴン

H15年式 14万キロ

症状:エンジンが止まる。再始動ができない。

症状の確認と不具合ヶ所の見極め

さっそく現車を確認して症状確認しました。

チェックしたこと

  1. 普通にセルを回すだけではエンジンはかかりません。
  2. アクセルを軽く踏むとエンジンはかかります。
  3. エンジン始動後アクセルを放すとすぐにエンジンは止まります。
  4. 再度アクセルを踏みエンジンを始動しエンジンの調子を見ますが、アクセル一定でエンジンは調子よくかかっています。

以上のことをチェックしましたがエンジン本体は調子が良さそうで、ファーストアイドルに問題があるように思います。整備士が見るとこの症状では定番の場所が思い当ります。

ちなみにダイアグコードはありません。

RACVの清掃

アイドルコントロール部が機能していないように思いますので早速ばらしてみます。

ホンダではRACV(ロータリーエアーコントロールバルブ)と言いいスロットルボディにアイドリング用のエアーの通路を設けてあり、その通路を狭くしたり広くしたりしてエアーの量を調整し結果回転数を任意の数値になるようにコントロールしています。

まずスロットルボディを切り離します。

スロットルボディの切り離しにはラジエターホースを抜きますのでLLCが出てきます。

はずれました。

スロットルボディ事態も結構汚れています。

RACVを切り離し汚れのチェック!

ご覧のようなひどいスラッジです。

RACVが付いていたところです。こちもスラッジがひどい。

こちらはRACVの内部のロータリーですがスラッジがひどく固着していました。

手で回してもロータリーバルブは動ごきません。

ロータリーバルブが動かないと始動時に必要な空気がエンジンへ行かずエンジンがかからないっていう事になったんだと推測できます。

こちらも専用の洗浄液できれいにします。

スラッジを丁寧に落としたらロータリーバルブは手で回しても簡単に動くようになりました。

スロットルボディも綺麗にします。

洗浄終了。

清掃後の確認

この後外した部品を組み付けエンジンを始動しましたらすぐにエンジンはかかり、アイドリングも正常にするようになりました。

アイドリングの学習はエンジン始動してアイドリング状態を保っていれば徐々に基準値になりますので特別診断機が必要だなんてことはありません。

本来なら対応した診断機でデータモニタをチェックしてファーストアイドル系の作動状態を見るべきなんですが残念ながら弊社の持っているものでは対応できないためその作業はしていません。

RCAVの清掃の費用

さて今回かかった修理費用を見てみよう。

LLC:0.5×1400

スロットルボディ脱着、RCAV清掃:11900

部品代 工賃 合計
 ¥700  ¥11900  ¥12600

※レバーレートは¥8500で計算

※消費税抜きの計算

以上となりました。

まとめ

スロットルボディの清掃では¥12600と比較的安くできました。

しかし実際には走行中にエンストしてしたり、再始動はアクセルを踏んでのみ可能と、とても走行できる状態ではなかったためレッカー代などもかかっています。

14年落ち、14万キロではやはりエンジンが止まるなどの故障が普通に起こる年式と距離数になっています。いつ止まるかわらない車って不安ですよね?

今回はとりあえず修理しましたが他の不具合で故障が続くかもしれないと車の買い替えを検討するとのことでした。

賢明なご判断です。

このように低年式、過走行の車ではトラブルがつきものです。

買い替えも早めの段階で考えておく必要がありますよね。

買い替えの一つの準備として今乗っている車の値段を知ることから始めるのがいいかもしれません。ステップワゴンのようなファミリーカーでしたら案外高く売れるかもしれませんからね。

今の買取店はオークション形式の買取査定があるって知ってましたか?

ポチっと登録してオークションへ出品。

最大2000社があなたの車に入札してくれます。

業者間で入札し合いますから競りあがって高価買取になる可能性が高いんです。

もちろん売らなくてもOK、査定はもちろん無料なので1度査定してもらうのもいいかもしれませんね。

オークション形式の買取査定「ユーカーパック」はこちら

↓↓↓

車の買い取り査定サービス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする