フィアット500にHIDを付けてみたよ!

フィアット500

型式:ABA-31212

H29年式

先日ナビゲーションを取付した同じ車両です。

ナビゲーション取り付けの様子はこちら

フィアット500ナビ取り付け
フィアット500 型式:ABA-31212 H29年式 新車のナビゲーションの取り付けをしたのでその作業風景です。...

今回はお客様の依頼でHIDを取付します。

HIDの取り付け

取付をする部品はこちら

ヘッドライトバルブが入っているカバーに穴あけ加工をします。

純正はH7のバルブが付いています。

HIDのバルブの取り付けはこんな感じに収まります。

配線の取り回しはフロントバンパーを取り外しました。大げさですがこのようにすれば配線もスッキリしきれいに収まりますので!

こんな感じで取り付けは結構楽勝な感じで終了です。

特に気にすることもなくできますがHIDの取り付けは高電圧になるため必ず作業中はバッテリー端子を外すなどの処置をしてくださいね。

HIDとは

HIDとは、High Intensity Dischargeの略で、一般にディスチャージヘッドランプとも呼ばれています。 通常ヘッドライトに使用されるハロゲンランプは、ハロゲンガスを封入した密閉容器内で、フィラメントという金属製の芯材が発熱、 発光することで光ります。 HIDにはフィラメントはありません。インバーター・イグナイターユニットという部品で車両の電力(12V)を高電圧(約2万V)にし、 バルブ内の電子と金属原子を衝突させ(アーク放電)、強く美しい光エネルギーを作り出しているのです。 また、フィラメントを持たないため電球が切れるということがありませんので、コスト・パフォーマンスも抜群です。

引用:サインハウス

ハロゲンバルブからHIDに換えるメリットとしてはライト点灯時に明るくなることと消費電力が少ないってこと、長寿命ですね。逆にデメリットは部品単価が高いことやヘッドライトレンズのカットによってはHIDは車検対応の商品であっても車検が通りにくくなる場合もあります。

フィアット500にHIDを付ける場合の注意点

今回の車両はアイドリングストップ付でしたがHIDを購入する時はアイドリングストップ車用のものを購入してくださいね。アイドリングストップからの復帰時にライトがチラつくなどの症状が出る場合があるそうです。そのためチラつきを防止するリレーキットなどがありますから専用のものを購入ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする