フリードの走行時の加速不良!息つきの定番原因はこれ

DBA-GB3

ホンダ フリード

H21年式 12万キロ

走行時の加速がおかしいとのことで入庫です。お客様はミッショントラブルが頭にあるようですが私の経験上話を聞くと点火系が怪しいのでそちらからチェックすることにしました。

スパークプラグの交換

走行距離が12万キロですがスパークプラグを1度も交換した履歴が無いので交換をします。

このL15Aエンジンはプラグ交換をするのにスペースが無く細い腕でないと手が入りません。

エンジン後方にプラグが付いていますので作業性は最悪です。

スパークプラグ交換と同時に今回の加速不良の件で怪しいと思ったイグニッションコイルの点検も行います。

とりあえず全てのイグニッションコイルとスパークプラグの取り外しました。

イグニッションコイルの点検はここの隙間の色を点検します。

ほらね。

悪い個所発見。

白くなっているのがわかりますか?

これは電気がリークしている跡です。

リークとは電気が逃げていることです。

リークしているとプラグから火花が飛ばない状態になります。

リークしているイグニッションコイルは交換が必要なので見やすいように折ってみますよ。

白い跡がリークした証拠です。

このように初期型のフィットやモビリオなどにもよく見られた定番の故障ですがこのH21年式のフリードも同様にダメみたいですね。イグニッションコイルの形状に問題があるように思えますね。

イグニッションコイルとは

今回装着されているコイルはダイレクトイグニッションコイルと言われるものでその働きを簡単に説明をいます。難しい説明ですと1次コイルに電流とか電磁石が~とかになっちゃいますので。

スパークプラグの役目はエンジン内部で必要な火花を飛ばすことですがイグニッションコイルの役目はそのスパークプラグが火花を飛ばせるように高い電圧を作り出すことになります。ダイレクトイグニッションコイルが故障して火花が全く飛ばないようになった場合は故障した気筒は火花が飛ばず爆発しませんのでエンジンがブルブルなったり、パワーが出ないなどの症状が出ます。

今回のリークという症状は常に火花が無ばないのではなくたまに飛ばないという症状なので一瞬飛ばなかった時だけ息つきをしたり、加速がスムーズではないようなことが起こります。

イグニッションコイルが壊れる原因は要求電圧が高くなるなんて言われますが簡単に言うとプラグ交換をさぼったと言う事です。プラグが摩耗するとイグニッションコイルにかかる負担が大きくなると言う事です。プラグ交換は重要ですので推奨交換時期に交換をオススメします。

最近多くなったイリジウムプラグでは10万キロ、ノーマルプラグでは1.5~2万キロ前後と言われています。

イグニッションコイルの交換費用

今回はスパークプラグも一緒に交換しましたのでそちらも入れてます。

スパークプラグ(IZFR6K-13):4×2000

イグニッションコイル(社外品):4×6800

工賃:0.8×8500

部品代 工賃 合計
 ¥35200  ¥6800  ¥42000

今回故障したイグニッションコイルは4気筒のうちの1本でしたがこういった故障の場合ほかの3本のコイルがいつ壊れてもおかしくない状態なので再発のトラブルを防ぐ事と工賃がまた次回も発生することなどを考えると4本の同時交換が望ましいです。

社外品が安くてオススメ

まとめ

今回は12万キロの車両だったのでこれを修理せずお金をかけずに車両の乗り換えの検討をするのもよかったかなと思います。4万円オーバーの修理代を次の新しい車にかけるのも一つの考え方かなと。

買い替えか修理か悩んだ場合はまず今乗っている車の買取価格を無料で調べてもらうのがいいかもしれませんよ。12万キロ乗っていても普通に買取できますし車種によっては想像より高額なこととかよくありますしね。

今の買取店はオークション形式のものもあったりしてより高価に買い取ってくれる確率が高いです。HPから必要事項を入力してあとは連絡を待つだけなんでとても簡単です。

オススメの買取の無料査定はオークション形式のこちら

↓↓↓

車の買い取り査定サービス

連絡が来るのは1社のみです。

たくさん査定に出したいよくばりさんはこちら

↓↓↓

かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする