GE6フィットのドアミラーターンセット交換修理

「ドアミラーが格納しない」とのことで修理依頼です。

DBA-GE6

ホンダ フィット

H22年式 8万キロ

ドアミラーの格納修理方法について詳しく書いていきます。

ドアミラー修理

ドアミラーを分解して「ターンセット」という部品を交換します。

まずドアミラーのASSYはドアトリムを取外してコネクターをの勘合を外します。

ナット3つを取り外すとドアミラーのASSYは車体から取り外せます。

次にミラーレンズですが下側から細めのマイナスドライバーを突っ込みこじって外します。

ミラーレンズの裏側ですが赤丸の部分が下側の勘合部分になります。(二カ所)

上側はツメになってますので構造を理解せずに無理やりこじると破損させますので注意が必要です。国産車はほとんどがこんな感じの構造ではないでしょうか。

どんどんバラします。次はドアミラーカバーを外します。

ドアミラーASSY内側から赤丸のツメをマイナスドライバーなどで押します。合計5つです。無理やり外すとツメが折れますよ。

ウインカーレンズも外します。

カプラーからは端子を抜きます。

写真では外れていますが端子をロックしているカプラのふたを上下外して配線を引っ張って抜きます。抜く前に写真を撮っておくと便利ですよ。

下側のミラーベースを取り外し。

ターンセットとドアミラーの本体カバーを分離します。

この部品は4つのスクリューで止まっています。レンズを動かす部品です。

後はターンセットから配線は抜き取り分解は終了です。

組み付けは逆の手順でOKです。

端子をカプラーに入れるのは写真をみながらが楽です。

間違えようがありません。

ドアミラー修理費用

ターンセット:7300

交換工賃:6800

部品代 工賃 合計
 7300 6800 ¥ 14100

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする