スバルサンバーのエンスト修理!定番のカムポジションセンサー交換

症状

暖気後のエンジンストールで再始動は1時間くらいできない。

エンジンが冷えると再始動できます。

ダイアグコードなし。

車両情報

LE-TT1

スバル サンバー

H14年式 7万キロ

症状を聞いて真っ先に「カムポジションセンサー」または「クランク角センサー」を疑います。現車はカムポジションセンサーのみある車両でした。

カムポジションセンサーとは

カム角センサは、気筒判別信号として、各気筒を判別します。 電子燃料噴射システムにおいて、燃料噴射制御、点火時期制御のベース信号となります。 クランク角センサ、カム角センサは、突起のあるロータの回転によりクランク角センサ、カム角センサが受ける磁束が 変化します。磁束の変化を、短形波のパルス信号に変換して出力します。

引用元:http://www.hitachi-autoparts.co.jp/products/pdf/angle_sensor_all.pdf

本来診断はエンジンが始動しない症状の時にオシロスコープを使いセンサーの波形を見て判断するのですが、弊社ではオシロスコープが無いため簡易検査で判断します。

カムポジションセンサーにヒーターガンを当てて温度を上げるとすぐにエンスト。

再始動はできません。

パーツクリーナを吹き付けセンサーの温度を下げます。

すると再始動がすぐにできるようになりました。

カムポジションセンサーで間違いはないかと判断させていただきました。

センサーの交換は10ミリのボルトを外してセンサーを引っ張れば抜けてきますので誰でも交換可能です。

故障診断、交換工賃込:¥4250

カムポジションセンサー:¥3010

部品代 工賃 合計
 ¥3010  ¥4250  ¥7260

修理費用は以上となりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする