CX3スパナマークの消し方

CX3のメーター内にスパナマークが点灯したので消し方を紹介します。

マツダではこのスパナマークのことを「レンチ表示灯」と呼んでいるみたいです。

まだ走行距離が2000キロほどだがスパナマークが点灯!

リセットの方法も取扱説明書に載っているのでやってみたが消えない!なんとか消したのでその方法を書きます。

スパナマークの消し方

とりあえず取扱説明書通りにやってみる。

スパナマークは取扱説明書で確認したところ「あらかじめ設定されたメンテナンス時期になると点灯」「オイルが劣化していると点灯」とのこと。消し方は「メンテナンスモニター」へと言う事なのでそこをみる。

リセット方法

メンテナンスを実施した後、リセット (再設定) をすれば、次回メンテナンス時期が近づいたときに表示させることができます。次の手順でリセットしてください。

  1. ホーム画面の アイコンを選択して、アプリケーション画面を表示します。

  2. メンテナンスを選択します。

  3. 設定したい項目を選択し、リセットを選択します。

参照:マツダ電子取扱説明書

ここを選択。

定期点検をリセット

ともにリセットしました。

しかし結果はスパナマーク消えませんでした。

取扱説明書を隈なく調べたらやっとでてきた!

記憶値の初期化 (オイルデータリセット) は次の手順でも行なうことができます。

  1. 電源ポジションをOFFにします。

  2. オド/トリップ切り替えボタンを押したまま、電源ポジションをONにし、マスター警告灯が点滅するまで、オド/トリップ切り替えボタンを約5秒間押し続けます。

  3. マスター警告灯が数秒間点滅したら、初期化は完了です。

参照:マツダ電子取扱説明書

この通りにしたらスパナマークは消えました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする