ハブボルトを修正する工具を買った!交換するより修理した方がお得

自分でスタッドレスタイヤに交換する際ハブボルトをなめてしまった!そんな経験はありませんか?そこで簡単にハブボルトを修正する工具を紹介する。

プロの自分たちでもゴミが噛んでしまったりしてハブボルトを痛めてしまうことはたまにあります。私たち整備士は専用工具で修正しますが一般の方は修正の仕方がわからなかったりしますよね?下手になめたナットを力任せに締めたり緩めたりしてはいけません!ハブボルトが再利用できなくなり交換が必要になります。ホイール取り付け時にナットを回すのが重いと感じたらすぐに緩めてください。まだ修正できる可能性があります。ホイール取り外し時にナットが重い場合はすでにハブボルトが損傷している可能性があるので整備工場へお願いする方がいいかもしれません。

まず修正を紹介する前に、ハブボルトが使えなくなるくらい損傷した場合の修理費用はどのくらいかかるのかを見てみよう。

ハブボルト交換費用

ハブボルト1本の値段はどの車でもだいたい数百円と一緒くらいでしょう。

しかしその交換費用となれば車の構造の違いにより工賃はバラバラですが高額修理になるケースもあります。

たとえば先日ハブベアリングを交換したGD1のフィットがあるんですがこの車の場合を例にして挙げます。

ハブベアリングから異音!ガタもあるため交換!気になる修理費用【フィット】
車検で入庫のフィットですが走行時に「ゴォー」と異音がします。ハブベアリングがダメみたいですね。 車種情報 DBA-GD3...

フロント側のハブボルトを交換したい場合ハブボルトを抜くスペースが無いため上の記事でやっているようなハブASSYを単体にする作業が必要になります。この場合必然的にハブベアリングも交換が必要となるので高額になります。

(この状態にしないとハブボルトは交換できません)

逆にリヤ側は比較的簡単に外れるのでフロントに比べると修理費用は安く済みます。

修理費用を出してみます。

フロント側ハブボルト交換

ハブボルト:¥500

ハブベアリング:¥4380

ハブベアリング交換工賃:¥14450

ハブボルト交換工賃:¥2000

 部品代 工賃 合計
 ¥4880  ¥16450  ¥21330

リヤ側ハブボルト交換

ハブボルト:¥500

リヤハブ脱着工賃:¥6800

ハブボルト交換工賃:¥2000

 部品代 工賃 合計
 ¥500  ¥8800  ¥9300

以上のようになります。結構な金額になると思います。

ハブボルトを修正してみた

ハブボルトを交換するには高額修理になる可能性があるので修正ができる場合は修正した方がお得だ!下手にいじると再使用が不可能になるので違和感を感じたらすぐに修正するのが望ましい。

そしてハブボルトを修正するために弊社が今回購入したのはこちらJTCの「ハブボルト修正ダイスセット」です。

サイズは

M12×1.25

M12×1.5

M14×1.5

となっており乗用車あたりならこれで賄えるかと思います。

ダイスをセットして使用します。

ハブボルトの先端をなめてしまった場合は写真のように正常な山が残っている奥側にダイスをセットします。

それから専用のソケットにセットします。

24㎜のソケットで回して修正をするだけです。

ハブボルト修正機

少しでも費用を浮かせれるようにと自分でスタッドレスタイヤの交換等を行って、ハブボルトを損傷させて修理費用が高く付いたら本末転倒です。

そこで修正が可能であればハブボルトの修正をしてみよう。

まずどんな工具があるか見てみる。

ハスコーと言えば自動車専用工具で有名です。もちろんブレーキ系の特殊工具もしっかりしていて作りがいい!ただチョットお高めです。

そこで今回自分が購入したものがこちら。手ごろな値段で買いました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする