ブレーキホースの寿命は長い!?交換時期と交換工賃

車検で入庫のエスティマですがブレーキホースがNGだったので交換させてもらいました。今回はブレーキホースについての記事です。

車種情報

E-TCR11W

トヨタ エスティマ

H8年式 11万キロ

21年前の車です。

まずはブレーキホースの交換作業の様子から見ていく。

ブレーキホースの交換

車検で入庫している車のチェックでブレーキホースの亀裂を発見。写真のような状態だとブレーキオイルこそ漏れてはいないがかなり危険な状態だと言える。いつブレーキオイルが漏れ出してブレーキが効かなくなるかもわからない。

当然前後のすべてのブレーキホースを交換します。

下の写真では新品ブレーキホースは4本だが現車はフロント片側2本、リヤ片側1本使用しているので合計6本の交換となります。

ブレーキホースの交換は少し特殊な形をした工具を使用したり、エア抜きなども必ず必要な作業ですから自動車整備士に任せてください。

今回は古い車でしたのでどうしてもブレーキパイプのフレアナットが緩まずに苦戦しました。そういう時は最近お気に入りのケミカルを使用します。「ロックタイト フリーズ&リリース」

マイナス43℃のショックフリーズ効果で金属部分を瞬間的に凍結、収縮させます。その収縮によって生じた錆の隙間に潤滑剤が浸透することで、固着していたボルト・ナットが取り外しやすくなります。

引用元:ヘンケル

半信半疑で使用していたものだけどかなりの確率で錆びついたボルトが緩むので愛用しています。

今回もすんなり緩みました。

話はそれましたが、取り外したブレーキホースたちです。

パッキンはもちろん再使用不可です。必ず新品にします。

後はブレーキホースを交換してブレーキのエア抜きをして作業は終了です。

ブレーキホース交換費用

今回の修理にかかった費用をまとめてみる。

ブレーキホース6本の合計:¥9380

ブレーキオイル:¥1800

パッキン代:¥720

ブレーキホース交換工賃:¥12750

部品 工賃 合計
¥11900 ¥12750 ¥24650

以上の金額となりました。

ブレーキホースの寿命について考えてみる

今回の車両は21年前の車両になりますがその間ブレーキホースを交換したことはありません。新車当初から弊社で管理させてもらっていて整備記録がすべて残っているのでわかります。

ではブレーキホースの寿命は20年くらいでいいのか?

そうではないと思います。

純正のブレーキホースの材質はゴムなので経年劣化で必ずいつかはダメになります。今回の車両はガレージ内に保管しているため比較的車にとってはいい状態だったこともあるので21年もトラブルなく済んだのかもしれません。ゴムにとって湿気や紫外線などは劣化の原因になりますからね。しかし最近の車はゴムの性能が格段にいいことも事実です。ブレーキホースの交換作業なんて久しぶりにやりましたからね。

ではブレーキホースの寿命はどれくらい?

車の個体差や保管状態にもよるのでざっくりとしか言えないが現役整備士の俺がブレーキホースの寿命を考えるとこうなる。

「10年10万キロは全然平気だ。13年辺りでは要チェック!15年以降になるといつ亀裂が入ってもおかしくないので長く乗りたいなら予防整備として交換するのもあり。」

もちろんひび割れや亀裂、ふくらみなどの変形があれば即交換であることは間違いない。

ブレーキホースは重要保安部品でもあるので車検時にはもちろん、12か月点検などにもしっかり出して日々のメンテナンスを怠らないことが重要だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする