ボルボV50のエンジン振動!エンジンマウントの交換と修理費用

車種情報

ボルボ V50

CBA-MB4204S

H24年式 5万キロ

症状はエンジン始動直後からエンジンの振動がドライバーに伝わってくる。

エンジン振動でエンジンマウント交換

エンジンの振動と言えばエンジンマウントのへたりが真っ先に考えられる。

しかも経験上右側のエンジンマウントが一番怪しい。

目視チェックでオイル漏れを確認しましたので交換します。

おそらくここのエンジンマウントが振動を吸収しきれずに症状が出ていると思われます。

取り外したエンジンマウントです。

エンジンマウントのゴム自体も亀裂が入り大分ヘタっています。

ゴム部分を動かすとぐにゃぐにゃに動きます。

新品の部品と交換をしてピタリとエンジンの振動が収まったので修理は終了です。

交換作業は20分程度で比較的かんたんな作業の部類となります。

5年目5万キロの2回目の車検でしたがもうエンジンマウントがダメになりました。国産と比べるとやはり消耗品の交換サイクルが早いようです。部品代も国産の2~3倍ほどですね。ランニングコストは明らかに外車の方が高いのでこれから購入を検討している方はこの辺も考慮しなければいけませんね。

エンジンマウント交換修理費用

部品代 工賃 修理費用
¥14200 ¥5950 ¥20150

エンジンマウントの修理費用は¥20150となりました。

今回は予算の関係上「エンジンの振動が止まればいい」というユーザーからの意向で悪い箇所のみの交換となりましたが、本来はその車に使用しているエンジンマウントの個数すべてを交換することが望ましいです。ひとつダメになっているという事は他のマウントも交換時期になっている可能性が高いためです。

しかしすべてのエンジンマウントを交換すると修理費用が高額になります。

見積もりを取っていないので概算になりますが今回の車ではエンジンマウントは3つ付いていますので単純に3倍近くになると想像ができます。6万円前後です。高額ですよね。こうなると今後、車の乗り換えも検討を視野に入れた計画も考えたほうがよさそうです。事実今回のケースではエンジンマウントの不良による修理とは別にロアアームのブッシュに亀裂がありさらに高額修理が今後予想されることから車の乗り換え買い替えの検討をするということで車検整備は最低限にしたいとの要望があったところです。

エンジンマウントの交換修理費用が高いと思ったら

今回のエンジンマウントの不良が一つのサインかもしれませんね。

今後故障の不のスパイラルとなる可能性もありますからね。

参考になりそうな記事です。

これは10年10万キロの車を前提に話をしています。

車を買い替えるタイミングについて考える
車検で入庫したときによく聞く言葉、聞かれる言葉。 「車検とったら2年は安心して乗れるよね?」 「この車はいつまで乗れますか?」 ...

こちらの記事では車の賢い買い方、売り方を書いています。

車の賢い買い替え方
車屋で働いている現役整備士が車の賢い買い替え方を教えます。 車の賢い買い方 簡単に言えばこうです。 価値のある車を買う。 ...

中古車の価値は当たり前ですが時間とともに下がっていきます。故障修理に時間とお金を掛けた後に売る場合より、故障修理をせずに早い段階で車を乗り換えるほうがお得なケースが多いです。今回のようなエンジンマウントの不良程度ならそのまま買い取り見積もりを出しても買取額に影響はありません。今の買取業者は競合していますから予想しているよりも高価買取に期待できます。

査定はどこも無料なので1度やってみる価値はあるかと。

1回の査定で最大1,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】

車買い取り業者ランキング
個人的な感覚ですがランキング付してみました。 ランキング1位 1回の査定で最大1,000社から入札 ...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする