車のガラスコーティングをDIY!費用を10分の1に抑えて安く仕上がりました!

車のコーティングって高くないですか?アルファードとかハイエースとか大きめの車でガラスコーティングだと10万円くらいしますよね?新車の見積もりを取った時に何気に盛り込まれているコーティング代。総支払額が高いと真っ先に削られていきます。せっかくの新車なのにコーティングぐらいしたいなって思った方は必見です。

ここでは自分でガラスコーティングをしてコーティングにかかるコストを抑える方法を書いていきます。車種はハイエースで実際にやってみたので紹介をする。

今回使ったガラスコーティング剤は一般的に購入できるもので価格は約1万円ほどです。施工を自分でやれば1万円でガラスコーティングが出来るってこと。驚きの価格です。選んだのは効果が3年間の持続の滑水性を選びました。

簡単に自分でガラスコーティングができるのか?と言われれば出来ます!と言えますが車の状態によりますが磨き作業は大変で結構時間が掛かると思います。しかしその労力こそがガラスコーティング代の節約になるし、逆を言えばコーティング業者はこの作業に対しての対価として作業料が発生しているわけです。車の研磨作業が大変でやりたくなければ業者へお願いをし、業者へ出すお金がもったいないと思う方は自分でやればいいだけです。

ガラスの撥水コーティングはこちらの記事

車のフロントガラスにオススメの撥水コーティング剤を施工!【ピカピカレイン】
フロントガラスに撥水コーティングをしてみたので記事にする。 もちろん自分で簡単に施工できるタイプのもので使用したのはこちらの商品です。...

ガラスコーティングを安くしたいので自分でやってみる【ハイエース編】

さてコーティング作業をさっそくやっていきましょう。

車の状態をチェックする

まずはハイエースの状態です。

CBF-TRH200V

トヨタ ハイエース

H23年式(6年落ち)7万キロ

水垢はガッツリとついています。今までは自分でワックス掛けを定期的にしいていたそうです。ボディ自体の光沢は残っています。

ガラスコーティング施工

手順は以下の通りです。

  1. 洗車(水垢、鉄粉取り)
  2. ふき取り、乾燥
  3. 磨き
  4. 脱脂
  5. 施工
  6. 乾燥

実際にやっていきましょう。

洗車、水垢、鉄粉取り、ふき取り、乾燥

洗車は市販のカーシャンプーを使用しました。ここでは簡単な砂ぼこりや水垢を取っていきます。鉄粉が付着している場合は粘土などを使い鉄粉を除去します。やり方は洗車中に粘土をボディにこすり付けるだけ。ザラザラがツルツルに変わればOKです。

いつも洗車をするみたいに水をふき取り、しっかり乾燥させます。

ボディの磨き作業

洗車しただけではしつこい汚れや水垢は取れていないはず。磨き作業でしっかり汚れを取り除いてピカピカに仕上げよう。ここを妥協すればそれなりの仕上がりになっていますので重要な工程です。ウォータースポット、油膜、キズなどもしっかり取ります。

今回磨きに使用したコンパウンドとポリッシャーです。

ポリッシャーはなくても出来ます。あれば楽ってだけです。コーティングをするためにわざわざ買う必要はないでしょう。

意外にも安かったので今後使う予定がありそうなら買ってもいいかも!

コンパウンドもホームセンターで売っているようなものでOKだと思います。

今回自分が使用したコンパウンドです。

こちらは意外にも安かったポリッシャー

コンパウンドなどの磨きカスなどを綺麗に取り除き、脱脂作業をします。

油分がボディについているとコーティングがしっかりのりませんので脱脂作業は重要です。この工程はHPには載っていませんでしたがやった方がいいと思います。

再度洗車してもいいですけど時間がかかりますのでケミカルを使用しました。

綺麗なウエスにシリコンオフを定期量付け拭き上げるだけです。

ガラスコーティングの施工

今回使用したガラスコーティング剤はピカピカレインというコーティング剤です。施工は瓶に入っているコーティング剤を付属のスポンジに数滴付けボディに塗り込んでいくだけです。誰でもできる簡単なコーティングです。

部分的に塗り込んだら付属のクロスで伸ばしていきます。

約1時間かけて丁寧にコーティングの施工をしました。ハイエースクラスの車でもピカピカレイン1つでちょうどいいくらいの分量ですね。軽自動車なら1つ買って二台分は余裕でありそうです。

追記

メーカーHPによると軽自動車では3分の1でできるみたいです。中型車で2分の1、大型車で5分の4の使用量だそうです。

施工完了でピカピカです。

このままコーティング剤の表面効果が終わる12時間は雨や洗車等で濡らさないようにします。また完全硬化には2週間ほどかかるそうですが普通に乗る分には問題ないでしょう。

ガラスコーティング施工後の確認

やっぱりどんな感じになったのか気になるよね?

あまりよくないけどちょっと水をかけてみた。

うん。いい感じに滑水になっている。

これで経過を様子見ですね。

ピカピカレインの紹介

今回使ったピカピカレインをちょっと紹介します。
自分で手軽に出来るコーティングっていいですよね。なんといっても経済的です。ピカピカレインは1本税込¥9850です。ハイエースクラスをガラスコーティングに出すと10万くらいするところもあります。1/10に節約できました。効果も3年間なのでその間の手入れも楽です。

先ほども言いましたが軽サイズなら3台できますのでかなりお得です。

ガラスコーティングの種類も滑水性、撥水性、親水性と豊富にそろっている。好みで選べばいい。個人的には滑水性もしくは親水性の方がいいと思います。撥水性の場合は雨上がりの後のウォータースポットなどがちょっと心配です。その辺はどうなんでしょうか?別の車で撥水性のタイプも試しに施工してみましょうか。その時はまた記事にします。

商品の詳細はHPの方に詳しく書かれていますのでそちらを見た方が早いです。

HPはこちら。

本格派車ガラスコーティング剤


参考になったでしょうか?

ぜひお試しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする