O2センサー交換費用!エンジンチェックランプ点灯【アルファード】

エンジンチェックランプ点灯

アルファードのエンジンチェックランプ点灯でO2センサーの交換をします。

車両情報、症状

UA-ANH10W

H15年式 アルファード

93000キロ

エンジンチェックランプ点灯

エンジンは好調でその他の不具合なし

スキャンツールによる診断と修理

エンジンチェックランプが点灯しているのでまずはスキャンツールで診てみます。

見づらくて済みません。

「P0135  O2センサーヒーター系統B1S1」

定番中の定番の故障ですね。

しっかりとセンサーの良否判定をしてから部品交換します。

ヒーター回路をチェックします。国産の場合は同じ色の線(この車両は黒色)同士がヒーター回路の線なので抵抗を測ります。O2センサーのヒーター回路断線を確認しましたので部品不良確定です。

部品は社外品を使用。

交換は10分くらいで交換できる位置にありました。

O2センサーとは何か?

O2センサーとは排ガス中の酸素の濃度を測るセンサーです。このO2センサーが計測した酸素濃度をもとに車のコンピュータは燃料の噴射を多くしたり少なくしたりして理想の空燃比になるように調節しています。

このO2センサーはエンジンが冷えているときには活性化されません。よってエンジンをかけてすぐにO2センサーが正常に働けるようにO2センサーにはヒーターを備えています。センサーを温めて活性を促進させる事が狙いなのですがこのヒーターがよく壊れます。今回もこのヒーター回路の断線によりエンジンチェックランプの点灯でしたからね。

O2センサー交換費用

今回の修理にかかった費用です。

部品代 工数 レバーレート 工賃 修理代
¥8600 0.6 ¥8500 ¥5100 ¥13700

純正品の見積もりを取ってないので比較できませんが今回は部品代が安かったなと。

車種(国産)によっては部品代で2万円弱する場合もあるし、外車の場合だと4万円前後するセンサーが2つ付いていたりと高額修理になるケースもあります。

今回は安く済んでよかったです。

エンジンチェックランプが付いたままだとダメなのか?

ダメです!

エンジンチェックランプはスキャンツールを使用しないと故障の内容がわからないものがほとんどです。故障の内容によってはエンジンが停止する恐れや出力ダウンするもの、最悪には車両火災の可能性がある場合もあります。

今回のようにエンジン不調が出ていない時は「まだ修理しなくても大丈夫かな?」と思われがちですが、危険な状態にならないとは言い切れません。早急に整備工場へ車を入庫させて修理をするようにしてください。

また今年の2月からはエンジンチェックランプやその他の警告灯等が点灯または点滅していると車検には通りませんので注意が必要です。

自動車技術総合機構より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする